WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制


最新の情報とカイロプラクティック臨床経験から考える21世紀の医療

鬱と不安と痛みには非常に大きな関連性がある

こころと身体はひとつの如く

東京都品川区のWHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインは『心身一如』をモットーに2010年に設立されました。現代医学では身体の痛みと心の問題は分けて考えられていますが、本来は人間そのものを診るということだと私は考えています。

カイロプラクティックは背骨を通して人間を診ていくというちょっと変わった代替医療です。西洋医学と東洋医学の中間に位置すると言われるカイロプラクティックですが、心と体の世界に一石を投じられたらと思います。

うつ と診断された方、きっと身体のどこかも痛いでしょう。世界の方々も同じです。

1999年のWHOのデータです

WHOの心理的問題に関するデータを用いて14ヶ国の患者25,916名を分析した結果、プライマリ-ケアを訪れるうつ病患者の約70%は身体症状を主訴として受診しており、最も一般的な症状は痛みに関連するものであることが判明

(N Engl J Med. 1999 Oct 28)

※プライマリーケアは主治医さん、かかりつけ医です

もう17年前のデータなのです。勿論身体の痛みを診させていただくことは大切ですが背景にこのような状況があるということが大切なのです。

そして鬱病自体は私は病気というよりは、社会的な問題だと考える社会精神医学的な立場に立っています。人生の危機に面したときに現れる正常な反応という立場です。

慢性腰痛には鬱治療が必要というエビデンス

アメリカのノースカロライナで、2009年の研究

慢性腰痛のための薬物処置や無意味な通院が過剰であることは、以前とあまり変わらない。

慢性腰痛の治療には「運動療法」や「うつ治療」が必要であるが、現在の慢性腰痛に対する治療処置パターンは、従来通りの薬物療法と医療機関の過剰利用であることが調査で判明。(Spine Carey et al.2009 Apr 1)

何か気になるデータがあれば、ご一読いただければと思います。

腰痛や鬱病、自律神経症状など不健康でお困りの方のお力になれるので、お気軽にご相談ください。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約