WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

すごしやすい都市 と 自殺率との関係


幸せ感や、すごしやすいという報告がある都市ほど自殺率が高いという研究結果があるようです。http://www2.warwick.ac.uk/newsandevents/pressreleases/happiness-and-suicide-rates

 

英国のワーウィック大学、ニューヨークのハミルトン・カレッジとサンフランシスコの連邦準備銀行からの研究によります。

例えばカナダやアメリカ合衆国、アイスランド、アイルランドとスイスは、比較的高い幸せレベルを示してたが、また、高い自殺率を持ちます

 

米国内ではユタ州が

全米第一位の生活満足度にランクされるが、第9の最高自殺率を持つことを、データは示しました。

 

一方、ニューヨークは生活満足度の45番目位にランクされたが、国で最も低い自殺率を持ちました。

 

それから、ハワイは調節された平均寿命満足感の2番目位にランクするが、国に第5の最高自殺率を持ちます。

 

それからまた、研究者は、アメリカの間の彼らの比較を年齢、性、人種、教育、収入、婚姻の状態と仕事ステータス、そして幸せレベルと自殺率間の非常に強い相関関係を生じました。

 

人間が気分変動の影響を受けるならば、生命維持の最低条件は 他の人間が不幸である環境では力を発揮しやすいといえます。

研究でハミルトン・カレッジのスティーブン教授は、以下のように述べました
「人々が彼らの回りの環境の 幸福感を審査することは、同様に他の研究と、今回の結果は一致しています。 この種の比較効果は、収入、失業、犯罪と肥満に関しても示されました。」

 

ちょっと強引なな内容ではありますが、このような研究もあるのかとおもいました。(日本では数十年間、生活に幸せを感じている人が増え続けているのでしょうか?)

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約