WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

労災はなるべく使わないほうがいいかも…(腰痛編・痺れ編)


腰痛をはじめ筋骨格系の症状は興味深いです。海外の研究ですが労災を使わない方がいいかもしれない、そうです。
沢山の方のお話を聞いていくと、腰痛以外でも同じようなことが言えるように思えます。

シビアな課題ですが、各個人が各個人の為に向き合う必要がある課題です。結果的に社会の方向性が見えてくるものだと私は考えます。
アドラー心理学がはやっているようですが、この時代に日本で流行ってきているのに意味づけをすると、腰痛に関してもわれわれは治す立場ではなく

あくまでもサポートする立場でいつづけるほうが来院者にとっても、ひいては社会にとっても良かれとおもう方向性になるとおもいます。

こんな研究結果から考えることです。
■腰下肢痛のある椎間板ヘルニア患者440名を対象とした労災補償と治療成績に関する4年間にわたる前向きコホート研究の結果、手術群も保存療法群も労災補償を受けている患者は腰痛・下肢痛・QOLの改善率が低いことが判明。

労災補償患者の手術による改善率は腰痛36%・下肢痛46%・63%だったのに対し、労災補償のない患者の手術による改善率は腰痛68%・下肢痛78%・QOL89%でした。保存療法による改善率も労災補償患者では腰痛22%・下肢痛39%・QOL47%で、労災補償のない患者の改善率は腰痛51%・下肢痛59%・QOL67%と、どんな治療法を選択するにせよ、労災補償が治癒の妨げになっていることが明らかになったわけです。

品川区で腰痛問題なら二葉町の【そのまんまサンシャイン】へ

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約