WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

半月板移植術の行方 2015@アメリカ


 

膝の問題を抱える方も少なくないです。短中期的には半月板移植術も有用なようですが、7年くらいで再手術の可能性が高いようです。

以下引用

米国整形外科学会(AAOS)は8月5日、50歳以下の若年半月板損傷に対する半月板移植手術の長期転帰に関する研究を紹介した。

Journal of Bone and Joint Surgery誌8月5日号掲載されたもので、大半の患者で痛みは軽減し、膝機能も改善したが、患者の3割超で10年以内に再手術の必要性が確認された。

半月板移植は、関節鏡を用いて2骨間のクッションを維持し、関節を安定させることで、持続する膝痛を予防し、可動域が広げることができる。米国では若年患者の半月板損傷や摩耗の治療で行われている。

本研究では、関節炎に罹患していない50歳以下の 半月板移植患者38人を術後11年間追跡し、臨床的、主観的、放射線学的観点から転帰を評価した。

その結果、移植後に日常活動で痛みのあった患者は11%のみで、72%は自転車や水泳などの影響度の低いスポーツに参加することができた。ただ、移植後10年の生着率は63%にとどまり、再手術が必要だった患者の移植耐久年数は術後7-8年だった。

著者のNoyes氏は「15年で移植残存率は多くみつもっても40%まで減るため、長期的な移植の機能は未だ疑問。本手技は根治目的ではなく、再手術が必要になる可能性が高いことを患者には助言すべき」と述べている。

関連リンク
Meniscal transplant in patients age 50 and under relieves pain, delays additional surgery
http://newsroom.aaos.org/media-resources/news/meniscal-transplant-in-patients-age-50-and-under-relieves-pain-delays-surgery.htm

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約