WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

精神科医に免許更新制を採用してはどうか?


 

良くないと解っていてもしてしまうことがある。
私にもあります。

抗不安薬の中長期使用は自殺のリスクを上げるなど、社会的にも大きな影響があるようです。

診療報酬制を減らす という策より、そもそも処方していることが根本的におかしいことでもありますから、医師免許を更新制度にしたらよいのにね。

運転免許証ですら、更新制度があるのにね…

以下引用

■「睡眠薬」処方減らず 規制強化後も 抗不安薬を流用
2015年9月14日 (月)配信毎日新聞社

医療機関が1人の患者に3種類以上の睡眠薬を処方すると診療報酬を大幅に減らされるようになった昨年4月以降、体への作用は同じ「抗不安薬」に切り替えて同じ量を処方するケースが横行していることが、医療経済研究機構などの研究チームによる調査で分かった。推奨量を大きく超えて服用している患者の割合はほぼ横ばいで、規制強化が有効に機能していない実態が浮かぶ。

精神科では、有効性を示す医学的証拠がないにもかかわらず、患者の求めに応じて睡眠薬などを多量に処方することが問題になっている。国は処方量を減らすため、12年と14年の診療報酬改定で規制を段階的に強化し、睡眠薬などを3種類以上処方した場合、病院や診療所への診療報酬を減らす措置を取った。

しかしチームが11年4月~14年11月に全国の調剤薬局317店で扱われた処方箋延べ約110万枚を分析したところ、睡眠薬の大半を占めるグループの薬を推奨量の3倍以上処方された患者の割合は3年8カ月の調査期間中に0・7%しか減っていなかった。14年の規制強化後に限っても0・3%の減少にとどまった。

一方、3種類以上の睡眠薬処方で診療報酬減算の対象となった患者の割合は、14年の規制強化からの8カ月で4・2%から2・4%に大きく減っていた。睡眠薬は2種類以下とし、代わりに同じグループに入る抗不安薬を処方されている患者が増加したとみられる。

調査した同機構の奥村泰之主任研究員は「診療報酬を下げるだけでなく、多剤処方を予防したり、患者の薬の摂取量を減らしたりした取り組みに診療報酬を付けるなどの支援も必要だ」と指摘する

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約