WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

人工膝関節置換術も不安などの心理社会的要因がコスト関与


不安などのマイナスの心理社会的要因は人工膝関節置換術(TKR)後の術後コストに大きく影響を及ぼすとされることが分かってきた。

膝骨関節炎の患者218人を対象とし、術後6カ月間に及ぶ前向き研究を実施。

心理社会的評価は、不安やストレスに関する評価

関節炎自己効力評価

社会心理的なサポートの充足感、

人生に対する楽観度

などで実施。

このような心理的な要因が、人工膝関節置換術のコストに影響するという。

このテストでのコストは 50%が実質入院、手術費用

のこりが、術後の時間的な損失をコスト計算したもの。いわゆる社会復帰までの時間と考えてよい。

不安が強いほど、心理社会的サポートの充足度が低いほど、

人口膝関節置換術関連のコストが高かった(いずれもP<0.01)。

それ以外では、BMIが高いほど、白人でないほど、同様にコストが高かった(いずれもP<0.01)。

心理社会的要因が、TKR後の総コストに影響を及ぼすことが示された。

周術期の心理社会的介入によって患者の不安を軽減し、心理的サポートを向上させることでTKR後の総コストを軽減することが可能になるかもしれない」と考察されている。

このようなことは筋骨格系の疾患で、同じようなことが言える。

腰痛や、首痛、痺れに関しても、不安を煽らずに、安心、楽観視して

社会的なサポートをすれば、多くの痛みは自然治癒するものです。

品川区、大田区で腰痛、首の痛み、ヘルニア治療なら

WHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインへ

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約