WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

急性、亜急性の頚部痛へのカイロ治療


首の寝違えや、その後の痛みにも脊椎マニピュレーションは有効ですが、今回の研究は

急性、亜急性の頚部痛に対して、マニピュレーション群、助言付き在宅運動(HEA)群、薬物治療群と比較したものです。

http://www.annals.org/content/156/1_Part_1/1.abstract

助言付き在宅運動は26週(P = 0.02)で薬より優れていた。

痛みの評価だけで行くと、助言付き在宅運動と、マニピュレーション群に差はないようである。

評価は4、8、12、26、および52週目でなされている点に注目したい。

通常臨床で亜急性、急性の頚部痛患者が訪れると、4週間や8週間も治療を続けることは少ない。


カイロ治療の評価の難しいところは、カイロ治療の中に運動療法もあれば、マニピュレーションもあり、筋肉操作もある部分です。


臨床の場合は、上記の良いところを組み合わせるので、もっと早い段階で回復するものと思われます。


より良いカイロ治療ができるように勤めたいものです。



品川区、大田区で頚部痛、寝違いの治療なら

WHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインまでどうぞ





Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約