WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

英国でカイロプラクティックを含む代替医療の大学教育の学位廃止へ


不景気のあおりかエビデンスのある治療法も大学教育をやめる

医学の疫学調査で世界をリードする英国。

今年から、英国の税金を投入されている大学で鍼やホメオパシー、ナチュロパシー、リフレクソロジーなどの代替医療の学位をとることはできなくなるようです。

http://www.dw.de/dw/article/0,,15673133,00.html

 

私も豪州の大学を卒業しているので、他人事ではありません。

去年からホメオパシーが散々叩かれていたのですが、医学界にくらべ精度の高い疫学調査が少ない代替医療の状況から、税金を使っての学位取得は無くなるそうです。

ただし注意したいのは、2018年には針治療は慢性腰痛に効果ありのエビデンスが出てきていますしカイロプラクティックは慢性、急性の腰痛いずれも効果が認められています。

ですから代替医療の大学教育はフランス、オーストリア、ドイツ、イタリア、スペイン、デンマーク、スウェーデンなど、ヨーロッパの多くの国で持続します。

 

代替医療はプラシーボ効果だけ という医学界の主張のようですが、英国で代替医療の学位に税金が使えなくなるのは「お金の問題」 でもあるという。
そうです、この後EUからの離脱を英国民は選んだわけですが、それだけ国民生活が苦しかったことの影響であるとも考えられます。

BBCニュースなんか聞いていると2018年は何しろ不景気だ不景気だという放送が多かったように思います。日本に住んでると英国の実情は分からないですから。

それにしても海外の医療の動きはアグレッシブですね。

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約