WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

抗生物質の投与について


抗生物質の投与が中期的にみて効果的かどうかの研究が英国で行われたようです。

BMJ 2012; 344 doi: 10.1136/bmj.d8173 (Published 2 February 2012)
Cite this as: BMJ 2012;344:d8173

研究は2007年と2008年(下記参照)にウェールズ、イギリス、の一般的な医療行為で行われた。

臨床医263人が協力し、ウェールズ、イギリスで約480万人の患者と68一般的な治療を対象として実践的なデータで比較されている。

抗生物質耐性(STAR)の教育プログラムは、オンライン教育要素、およびルーチンケアにコンサルティングスキルを練習の流れを組み入れている。(進んでる~)

(結果)

抗生物質投与群も非投与群も

受信後7日以内に病院への入院数や呼吸器感染症の発生に差は見られず。

平均的な介入の練習のために830ポンド程度の削減に相当する対照群(-0.4%~11.4%)と比較し介入群に分注し、抗生物質の費用の5.5%削減(年間)

イギリスという国は、政治的にもかなり実利的な考え方をするようですが、このような医学的な研究が国レベルであたり前の様に行われています。

良いか悪いかはわかりませんが、本邦とは大きな差があります。

このような研究が活かされた医療制度が日本に届くのは何時になるかはわかりませんが、多くの方が知ることでその時期は早まるかもしれません。

無投薬による、徒手治療なら

WHO基準のカイロプラクティックそのまんまサンシャイン(品川)まで

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約