WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

変形性膝関節症への複合介入


膝の痛み、とくに変形性関節症への対応は我々臨床家泣かせです。一番時間の要する部位だともいえます。
われわれも様々な取り組みをする。他の部位と比べて飛躍的に回復することは稀です。

いろいろ自問自答するのですが、変形性膝関節症の治療は、なかなか難しい部位であることは間違いないようです。

退役米軍人への比較臨床試験で、1年を通しての複合的な介入をして、転帰改善わずかという結果が昨年末に出ているようです。

米国の退役軍人医療センター1施設で、症候性の股または膝の変形性関節症(OA)外来患者300例と医療提供者30人(クラスター)を対象に、OAの転帰改善に対する患者と医療提供者への複合介入の有効性をクラスター無作為化臨床試験で評価。Western Ontario and McMaster大学変形性関節症尺度スコアは、複合介入群で通常ケア群に対し12カ月時点で4.1ポイント低く(P = 0.009)、わずかな身体機能改善を認めた。
【原文を読む】
Annals of Internal Medicine
http://annals.org/article.aspx?articleid=2478159

まず言えることは変形性膝関節症を診ていく上で、1.2回の治療で良くなるということは無いということですね。
当たり前の話ではありますが、なるべく良い状態を作っていくしかないようですね。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約