WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

食事内容は睡眠の質に影響します


食事の時間が遅いと眠りに影響するのは体感的によくわかっていることですが、食事の内容も睡眠の質に変化を与えるそうです。
当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、不眠傾向にあるという方は参考にしてみてもいいと思います。

さてこんな研究です。

食物繊維が少なめで飽和脂肪や糖分を多めに摂取すると、睡眠が浅くなり、睡眠による回復力が低下し、途切れがちな睡眠になる

「最適な健康のためには、栄養価の高い食事を摂り、定期的に運動して、健康的な睡眠を促す生活スタイルを選択することが重要である。」としている。

「食事が睡眠に影響を与え得るという発見は、高血圧、糖尿病、心血管疾患などの慢性疾患の発症における睡眠の役割についての認識を増すものであり、健康に非常に大きく影響するものである」とオンジュ助教授は述べている。

 

http://www.aasmnet.org/jcsm/ViewAbstract.aspx?pid=30412

————————————————————————————————————-

睡眠時間が少ないと糖尿病になりやすいなどの研究は去年あたりに多く出されましたが、睡眠の質を上げるための手段として大事な内容ですね。

やたら身体の痛みを訴える方は間食で甘いものを沢山食べるているという業界話があります。
どこまでが本当かは解りませんが
白砂糖が胃の血流が低下させるという生理学的研究もあるようですから、
忙しくても食事はある程度バランスの取れた内容であることをお勧めします。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約