WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

青年期でのメタボへの対策


出生時の状況などで、青年期でのメタボになるリスクが3点指摘されている。

Stamatis P. Efstathiou, MD, MSc, PhD;らによると、小児期の3つの要因が青年期におけるメタボのリスクになることが予測されたという。http://circ.ahajournals.org/content/125/7/902.full

1270人の子供と親のプロファイルから、出生時、年齢6歳から8歳での評価から、13歳から15歳でのメタボ予測因子を検出。

結論

①低出生体重児、
②小さな頭囲、
③親の過体重または肥満の経験のある親
が小児期の状況で、青年期のメタボのリスクを評価するのに有用である可能性が高いという結論になっています。 (91%の信頼性)

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約