WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

有酸素運動と瞑想の組み合わせの研究


運動と瞑想でうつに打ち勝つ

有酸素性運動と瞑想を組み合わせて行う事によってうつ症状を軽減するのに役立つようだ。この、精神と身体を組み合わせた活動を週当たり2回、2ヶ月にわたっておこなうだけで、うつの学生の症状を40%軽減することができたという。瞑想

臨床的にうつ状態の学生およびそうでない学生ともに、精神と身体の組み合わせを用いたアプローチがこの様な有意な作用をもたらしたことは素晴らしいことだ、と研究者は言う。本研究はこれら二つの行動的治療法がうつの治療に際して同時に用いられた場合を検討した最初の研究であるのだ。

組み合わせにより大うつ病を凌駕する

研究では、運動と精神性アプローチの組み合わせ(MAP)を行うことで、大うつ症のある学生がその症状によって否定的な考えを起こしてしまったり、圧倒されてしまったりするということをさせないようにすることができるようになった。

これまで、科学的な研究によって療法のアプローチはそれぞれ単体でうつ傾向の患者の治療に有益である事が示唆されてきた。しかし、本研究では組み合わせることによってうつ症状の改善に劇的な変化がもたらされ、脳の同調的活性も増大することが示唆された。

30分30分、あとは将来の不安時には呼吸に意識

研究者らによれば、本研究に参加した被験者は最初30分間の集中した瞑想を行い、ついで30分の有酸素運動を行ったという。被験者らは思考が過去のことや将来のことに引きづられるような感じがしたら、呼吸動作に意識を集中するように指示された。こうすることによって、うつ患者は注意が瞬間瞬間で変わりつつあることを受け入れられるようになったのだ。

本研究で実践した治療法は生涯を通じて実行することが可能であり、また精神性及び認知的な健全性を改善していく上でも有益だろう、と研究者は言う。この様な介入が誰であっても、また何時であっても、ゼロコストに近い費用で行えるということが大いに意味を持っているのである。http://www.nature.com/tp/journal/v6/n2/abs/tp2015225a.html

日本の武道は優れているのでは

これらの研究から解るように、黙想する時間がある武道や、ヨガのように瞑想する時間がある身体活動は有効であることが示唆されます。

空手でも剣道でも黙想しますものね。精神が強くなるという言い方をするとなんですが、精神を一定に保つのに有効であることは間違いなさそうですね。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約