WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

10代の慢性疲労症候群にウェブベースの治療法が有用


インターネットを利用した、Webベースの治療が慢性疲労症候群に有効であることが英医学誌「Lancet(ランセット)」オンライン版に3月1日掲載されたようです。

研究概要は

オランダの研究者らが開発したFITNETと呼ばれるウェブベースの治療を6カ月行ったところ、

10代の慢性疲労症候群患者の63%が「よくなった」または「回復した」と報告したというもの。

6カ月後の比較によると、いずれもWebベースの治療法の方が

現行の標準的治療よりも効果的であることが明らかになっているようです。

FITNET群の85%が重度の疲労感がなくなったと報告したのに対し、標準治療群では27%であった。

また、身体機能が正常であると報告したのはFITNET群で78%、標準治療群では20%

学校を休まず通学した比率は同75%、16%であった。

FITNETに切り替えた患者や、ウェブベースの治療をさらに6カ月継続した患者も同様に肯定的な結果を得ていることがわかった。

ユトレヒト大学メディカルセンターのSanne Nijhof氏は、「ウェブベースの治療には、対面治療の障壁(利用のしにくさによる治療の遅れ、予約を取るわずらわしさ、学校や仕事を休むこと、通院の手間など)を回避でき、時間と費用を節約できるという利点がある」 と述べている。

認知行動療法的な試みは、費用対効果にも優れていますから今後もこのような研究結果がでてくると

良いですね。

運動器の機能回復なら

WHO基準のカイロプラクティックそのまんまサンシャインまでどうぞ

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約