WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

足に痺れがあるときの片足挙上テストは若年成人のみに有効?


■若年成人の坐骨神経痛においては、SLR(下肢伸展挙上)テストを行ない記録する必要がある。脊柱管狭窄のある高齢者においては、SLRテストに異常が見られないことが多い(★★)。http://amzn.to/Hk8veA

SLRでヘルニアの存在が確定できるわけではありませんし、痛みを誘発させる検査は心理的に好ましくないのではないかとも思います。最近の腰痛診療ガイドラインではほとんど重視してない、とのこと。

カイロプラクティックの大学教育では整形外科検査の中でSLRを覚えて、テストに出されます。ヘルニアなどの疑いをするためです。
しかし新しいガイドラインを見ていくと意義のあるテストではなさそうですね。

まあガイドラインなんか破られるのが世の常ですからあまり気にすることもないでしょうね。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約