WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

カイロ治療(脊椎マニピュレーション)はどれくらいで見切りをつけるべきか


カイロ治療が保険適応でない日本の場合参考にならないかもしれませんが、どれくらいの期間を目安に背骨の矯正(脊椎マニピュレーション)を受けることを考えたらよいか。
確証度Dなので、人にもよるということなのでしょうが、だいたい1か月間は受けてみてということだそうです。

接骨院などでも骨盤矯正と称してさまざまな脊椎マニピュレーションが行われているようですが、ずっと背骨を中心に勉強してきたカイロプラクターとは観点が違うのかもしれませせん。

また逆もありまして、脊椎マニピュレーションを行わないけどカイロプラクティックと名乗っている治療院もあるようですから、未法制化状態の日本では一概にカイロ治療とまとめることが出来ないのが歯がゆいところであります。

エビデンス

肝心のエビデンスを見ていきましょう。

1994年に出されたAgency for Health Care Policy and Research 《米》医療政策研究機構による腰痛診療ガイドライン

★脊椎マニピュレーションによる治療を1ヶ月間行なっても患者の症状や機能障害の改善が認められない場合は、脊椎マニピュレーションを中止して患者を再評価すべきである(確証度D)。http://1.usa.gov/uhlYSO

日本で1か月毎日連続してカイロ治療(脊椎マニピュレーション)に通う人も少ないでしょうが、例えば2週間1日置きに来院してください… と伝えられ、2週間際立った効果が出ていないとしても、さほど損をしている訳ではないということです。

その時点で効果がないにしても 海外と比べるとまだ半分しか来院していませんよ とも言い換えることができます。

本邦では保険適応でないので、費用との兼ね合いになりますが、ご参考になさってください。

あ、あと上記のように症状だけでなく、機能障害という観点も大事ですから単語を覚えておいてくださいね。われわれカイロプラクターは細かい背骨ひとつひとつの動き(機能)

をチェックしています。

機能を回復させることによって結果痛みが取れてくる、という順番です。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約