WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

腰痛の予防には教育プログラムが優れている


ここ4年ほどの研究でも、心理社会教育の重要性が決定的になっているようですね。
われわれフィジカルにアプローチしている者からすると、少し残念に思う部分ですが、結果は結果です。

■健常者402名を腹筋強化運動+教育プログラム群と教育プログラム群の2群に割り付けて2年間追跡したRCTによると、両群間の腰痛発症率には差が認められなかったことから、腹筋強化運動は腰痛を予防できないことが判明。http://1.usa.gov/p3JqOY

 

■軍隊内での研究によるとコアの安定化より、簡単な心理社会教育の方が腰痛予防にすぐれているhttp://goo.gl/cdSyHG

ただ臨床をしていて気になるところは
例えば過去に何度も腰痛を繰り返していて、コアトレーニングが必要だとういうことでピラティスの個人レッスンを数年受けていた方が来院したことがあります。

当然必要な背骨のコントロールが出来ていると思っていましたが、検査をすると基本のコアの動きが身についていませんでした。
この方は職場の移動もあって、仕事の負担が減ったこともありますが、その後は大きな腰痛は1度だけしかありませんでした。

またイスラエルの徴兵制度の中の厳しい訓練を受けている女性が来院したときも、軍隊の中でピラティスなどのコアトレーニングはあるのだそうですが
実際の動きの中でコアの動きが活かされておらず、当院で再教育をしたこともあります。結果的に腰痛はなくなりました。

ですからケースバイケースで考えた方が良いと私は思います。

少なくとも心理教育だけを受けに来られる方は今のところ当院ではおりません。(当たり前か…)

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約