WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

診察受けながら体鍛える「メディカルフィットネス」


毎日新聞6月6日付 より

リハビリで改善しなかった痛みを、運動で改善させるメディカルフィットネスが取り上げられている。

医師の診断をうけながら適切なトレーニングを受けられる仕組みで、痛みへの新たな挑戦が日本でも始まっている。

札幌市北区の松田整形外科記念病院にある「C―Link(シーリンク)」によると、道内ではこの1カ所しかないという。医師の診察を受け、心電図や筋力、姿勢などをチェック。病歴などのアンケートに答え、運動が可能と判断されると入会できるという。

フィットネスクラブとの違いは、トレーナーが会員のトレーニングメニューを作成する際、医師の診断結果を元にする点だ。問診や測定は1カ月ごとに行い、結果に沿ってメニューを変更する。会員数人にトレーナーが1人付き、きめ細かい指導も特徴だ。

同クラブの小柳利哉統括トレーナーによると、70歳以上の95%が骨や関節が衰えて起こる運動障害「ロコモティブシンドローム」という。会員は膝などに痛みがある中高年が中心で、「痛みの原因を運動で改善するのが重要」と話す。

カイロプラクティックではこのような形でのリハビリは日常的に行われているものの

世間での共通概念がないために、料金を払って運動させられることに違和感を持たれる方も少なくない。

このような取り組みが、病院で増えれば筋骨格系の症状は著しく減少すると思われます。

腰痛、首痛などの根本治療なら

品川区二葉にあるWHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャシンへ

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約