WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

米国の場合、慢性腰痛と違法薬物使用率の高さが関連


アメリカでの調査ですが、慢性腰痛があると違法薬物の使用率が高いという。

49%対43%

お薬

腰痛へお薬

慢性腰痛がある人のうち49%が違法薬物と使っていた、腰痛が無い人の内43%が違法薬物を使っていた

直近の30日においても14%の慢性腰痛患者が 腰痛の無い人の9%が違法薬物を使用ということで
こちらも慢性腰痛患者の使用率が、そうでない人に比べて高いという。

慢性腰痛患者のうち過去に違法薬物使用のある者は
医師の処方箋によるオピオイド系鎮痛薬(麻薬系鎮痛薬)の処方率が高かったという。

http://www.eurekalert.org/pub_releases/2016-07/wkh-clb072116.php

麻薬系鎮痛薬の処方は日本では少ないが、ご参考までに…

■強オピオイド(麻薬系鎮痛薬)は、より安全性の高いアセトアミノフェンやアスピリンなどのNSAIDほどの腰痛軽減効果はない(★★)。強オピオイドには、反応時間短縮・判断力低下・嗜眠・身体依存などの副作用がある(★★)。http://amzn.to/Hk8veA

がんの痛みに対して最も強力な鎮痛効果があるモルヒネ(強オピオイド)が急性腰痛に効かないなんて不思議ですね。腰痛は未だに謎だらけです。

麻薬系の鎮痛薬を腰痛に処方することは日本では少ないとおもいますが
トラムセットというお薬が弱麻薬性のお薬のようですね。

■パラセタモール(アセトアミノフェン)やNSAID単独で十分な疼痛コントロールができない場合は、パラセタモール+弱オピオイド(麻薬系鎮痛薬)の配合剤が有効かもしれないが便秘と嗜眠傾向がある(★★)。http://amzn.to/Hk8veA

逆に言うと、便秘と眠気に耐えられるのであれば、アセトアミノフェンと弱オピオイドを試みても良いということです。

お薬も解らないもので、組み合わせによっては弱麻薬系鎮痛薬がモルヒネよりも腰痛には効果があるようです。
お薬の妙とでもいいましょうか… わからないものです。

腰痛が心理社会的な要因であることを考えると、格差社会のアメリカが浮き彫りになってきます。
その結果と考えるのは考え過ぎでしょうか。

余談ですが…

ちなみに○ックルという最近テレビCMで「腰痛に効く!」なんて宣伝しているのは非ステロイド系の鎮痛薬ですから麻薬系ではありません。
ホームページの下方に本邦と米国で腰痛の第一選択薬とあります。

確かに数年前までのガイドラインには、そのように明記してあるのですが2015年の質の高い研究で効果がないことが解っています。

■アセトアミノフェン、腰痛に無効

脊椎痛および変形性関節症へのアセトアミノフェンの効果を、無作為化プラセボ対照試験13件のシステマティックレビューとメタ解析で検証。アセトアミノフェンは腰痛の疼痛強度および障害の軽減または生活の質の改善に無効で、変形性膝・股関節症の疼痛および障害に対する効果は有意だが臨床的意義がないことを示す質の高いエビデンスが得られた。

【原文を読む】
British Medical Journal
http://www.bmj.com/content/350/bmj.h1225

カイロプラクティックの立場からは極力お薬に頼らない生活づくりをしましょう、としか言いようがありません。

 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約