WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

砂糖で血管がボロボロになる


アメリカの面白い部分でもあるのですが、きちんと調べて、しっかり報告する所。勿論全部が全部ではないのでしょうが、砂糖の売り上げ低下を回避するために砂糖業界が研究結果を歪めて、砂糖の健康リスクを隠蔽しようとしていたことが報告された。

主な内容は、砂糖は心筋梗塞の原因となる冠状動脈への影響がないとされていたが、実は冠状動脈への影響があるそうです。

どのようなトリックで冠状動脈系の疾患に影響がないとしていたかは、すり替えと、メディアキャンペーンのようです。

すり替えは、食物中の総脂肪、飽和脂肪、コレステロールの摂取を減らすことを強調しておいて、砂糖は減らす必要はないという論説にしていたようです。

メディアキャンペーンは生化学の知識がない国民に「砂糖は人が生きるために必要な成分だ」と教えるキャンペーンに60万ドル(2016年に貨幣価値に換算すると530万ドル)を投入していたようです。

血圧やコレステロール値よりも血糖値が大切

血管内壁がボロボロになるアテローム性動脈硬化の予測因子として、血糖値の方が血清コレステロール値や高血圧より有用であると報告。また、澱粉よりも蔗糖の方が、炭水化物の摂取に誘導される高トリグリセリド血症を悪化させることも報告された。

冠疾患リスクに対する砂糖の影響については現在も議論があるが、明確なのは、米砂糖協会に率いられる砂糖業界が、食品に添加された砂糖の摂取と心血管疾患リスクの関係を一貫して否定していることだ。
http://archinte.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2548255

どんな業界も金次第ってとこがあるでしょうが、儲けるためなら何でもやるというのも考え物ですね。

カイロプラクターとしては、砂糖を採ると血圧や血清コレステロールよりも血管を痛めますし、心筋梗塞などの冠疾患のリスクも上がりますよということを正々堂々とお伝えしていくのが仕事として大切なことだと思われます。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約