WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

高齢期の人生に、楽しみが多いと答える人の方が死亡率がひくい


幸福感がある方が人生が豊になるとはよく言われますが、実際の死亡率にも差があるかも知れないという報告です。

以下引用抜粋


高齢期の数年間、人生を持続的に楽しむと死亡率を低下させる可能性があるようだ。より長期間人生を楽しんでいる者は、死亡リスクがより低いという。

今回の研究の対象者は、高齢者イギリスの9,365人の男女。
「人生の楽しみ」の測定値は、2002年から2006年に、2年間隔で3回評価した。死亡率との関連は2013年まで分析された。

結果に影響を及ぼす可能性のある要因、例えば、富、教育歴、健康問題有り、抑うつ気分などで、調整した。

追跡調査期間中、1,310人の死亡が認められた。「人生の楽しみが多い」と報告がより少ない者で、死亡率がより高まるという、段階的な効果が見られた。例えば、全死因死亡リスクは、「人生の楽しみがない」群と比して、「人生の楽しみが多い」を2回報告した者で17パーセント減少、3回報告した者で24パーセント減少した。

重病が楽しみの欠如の関連が疑われたが、結果に違いは認められなかったという。

「今回の研究は、観察研究であり、因果関係について結論を述べることはできない」と、研究者らは強調する。にもかかわらず、これらの結果が、「持続的な幸福感と用量反応関連を報告することにより、身体的健康アウトカムに対する主観的幸福感の意義の理解に新たな重要性を加える」と述べている。

http://www.bmj.com/content/355/bmj.i6267


長生きするもんじゃないよ~などと高齢者が良く口にしていますが、どうせ長生きするなら幸福感多き生活をしたいものです。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約