WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

喘息の再評価の必要性


去年から喘息様症状に悩まされているのですが、諦めの悪い私は発作が無いという理由で別の原因も考えられると思っています。(ただ単に喘息と認めたくないだけとも言えます)

そんな可能性を後押ししてくれる研究がカナダで行われました。

以下引用抜粋

■成人喘息、3割は再評価で否定
過去5年以内に医師から喘息と診断された成人患者のうち、3分の1は再評価で喘息が否定されることが、オタワ大学の研究で明らかになった。

12週間で計4回受診してもらい、家庭ピークフロー測定、症状モニタリング、スパイロメトリー、気管支負荷試験による喘息の再評価を実施した。
喘息治療薬を常時使用していた患者には徐々に中止させた。

対象とした701例(平均51歳、女性67%)のうち、再評価を完了したのは613例だった。
うち531例は最近喘息治療薬を使用しており、
273例は吸入コルチコステロイドおよび/または抗ロイコトリエン薬を毎日使用していた。(約39%)

 

結果、613例中203例(33.1%)では喘息治療薬を中止したあとも気道閉塞、気管支反応性亢進、あるいは症状の悪化を認めなかった

「現在喘息あり」と判定されたのは613例中410例にとどまった。

喘息と再評価されなかった患者群には12カ月の追加追跡を行ったが、181例(29.5%)は最終的に喘息なしと評価された。

喘息と再評価されなかった患者では、初期診断の際、気流制限検査が行われていない傾向があった。(私も一応これにあたります。)

喘息と再評価されなかった患者は比較的良好な状態にあり、かつ大半が無症候性だったが、
重篤な心肺疾患などが喘息と誤診されているケースも計12例(2%)

寛解した喘息への過剰治療、あるいは誤診に基づく喘息治療は、患者に不要な副作用リスクを与え、治療コストを強いることになる。著者らは「『現在の喘息なし』とされた患者の35%は喘息コントロールのための薬を毎日使用していた」とし、喘息診断の再評価の必要性を強調している。

関連リンク
Reevaluation of Diagnosis in Adults With Physician-Diagnosed Asthma.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28114551


私のような疑い深い患者は自ら喘息コントロールの為のステロイド吸引を止めている。(上記の喘息なしの3割に当てはまらなかったら笑えますが…)

それはそうと現在物議を醸している石原元都知事が行った喘息患者への医療費補助?も3割の方は不要になるということでしょうから、再検査を行うことが得策ではないかと私は考えます。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約