WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

高齢者の鬱は認知症も誘発する


高齢者の鬱が世界的に問題化しているようです(日本だけではありません)

うつ になると生活の質(QOL)が低下することがわかっているが、

とくに認知症患者では、顕著なQOL低下をきたすことも問題です。

高齢者におけるQOLの予測因子についてうつ病など気分障害が関与していることを報告した論文。 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22836551

アルツハイマー型認知症患者、軽度認知障症患者、健常高齢者 のそれぞれのQOLを評価
気分障害が深くかかわっているようです。

結果
・健常高齢者または中等度アルツハイマーでは、、軽度認知症と比較し、良好なQOLを示した。全体的健康感、活力、日常役割機能、心の健康の認知において有意な差が認められた。

・うつ病と尺度の間に、有意な負の相関が認められた。

・気分は、認知機能低下の段階において、高齢者のQOLの強力な予測因子であると考えられる。
※尺度はSF36 といううつのスケール

簡単に言うと、つまらなさそうな老人は認知症になりやすいということです。

品川区、大田区の健康管理なら WHO基準のカイロプラクティックそのまんまサンシャインまで…

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約