WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

スピリチュアリティ(霊性)が精神的健康を向上させる可能性


日本ではスピリチュアルというと何やら怪しげなイメージを持つ方も多くおりますが、海外では宗教観があることは当たり前で、むしろ宗教観の無い人間のほうが少ない。

この霊性が精神的、身体的な健康を増進させるであろう という医学的な研究結果がでた。

来年から厚生労働省により国民的疾患の一つに指定される精神疾患。

本邦での解決策の一つになればよいですが、どうなる事やら…冷静に見守りたいところです。

米ミズーリ大学宗教学教育専門助教授のDan Cohen氏らの研究で明らかになり、

「Journal of Religion and Health」に掲載された模様。

【内容】

仏教徒、カトリック教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒、プロテスタントを対象に、

人格、精神性のレベル、身体的および精神的健康について尋ねた3件の調査結果を検討した結果、

5つの信仰すべてにおいてスピリチュアリティが高い人ほど精神的健康が良好であり、特に神経症的傾向が低く、外向性が強かった。Cohen氏らは、人格に関する変数を考慮後、寛容性が精神的健康を予測する唯一の精神性の特性であると結論。

Cohen氏は、「スピリチュアリティは自己中心的な考えを抑制し、より大きな世界に属する感覚を育てることで、精神的健康の助けになる可能性がある。この研究結果はスピリチュアリティが多くの点で人格特性として機能するという意見を裏付けている。」

「興味深いのは、宗教的活動への参加頻度などが人格、精神性、信仰、健康間の関係において重要でなかった点である。精神的信念はストレスを主情的に処理するうえで役立つ対処法と思われる」という。

 Cohen氏らは、治療やリハビリテーションプログラムを個人の精神的信念に合わせるなど、スピリチュアリティと健康の関係が医療の一助になるのを証明できることを示唆した。今回の研究はスピリチュアリティと精神的健康の関連性を示したが、因果関係を証明するものでない。 と話す。

非常に面白い研究ですね。

薬物療法が中心の日本では毛嫌いされるかもしれませんが、私はこのような研究がさらに薦められることを期待します。

うつ、腰痛、首痛の本格治療なら

品川区のカイロプラクティックそのまんまサンシャインまで

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約