WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

自殺予防に一手


PHQ-9という簡易質問票をきっかけに、自殺予防ができる可能性が研究報告されたようです。

ワシントン大学Bauer氏らは患者基本情報から得られたデータの観察分析を行い、PHQ-9の有用性
を検証した。J Gen Intern Med誌オンライン版2012年8月31日号の報告。

対象:

ワシントン州全体の100以上の地域保健センターでメンタルヘルス統合プログラム(MHIP)に参加した11,015名。

方法:

自殺念慮の独立変数はPHQ-9の9項目により評価し、うつ病の重症度はPHQ-8により評価した。

評価項目には、うつ病治療プロセスの4つの指標(ケアマネージャーの介入、精神症状レビュー、向精神病薬、専門医への紹介)

2つのうつ病の指標(PHQ-9スコア50%減少、PHQ-スコア10未満)が用いられた。

主な結果:

・ベースライン時に自殺念慮を示した割合は45.2%であり、男性であること、および
精神症状の重症度と有意に高い関係を示した。

・自殺念慮を示した患者のうち5.4%は、現在の抑うつ症状が乏しかった。

・年齢、性別、精神病理の重症度で調整後、自殺念慮を示した患者は、より早期の
フォローアップを受けており 、より多い抗精神病薬の投与および専門医への紹介を受けていた。

その一方で、PHQ-9スコアの達成率が低かった [PHQ-9の達成率(10未満):HR=0.87(p<0.001)

プライマリケア医によるPHQ-9の活用は、自殺念慮を示す患者の早期発見を可能に
すると考えられ、専門医と連携しフォローアップを行うことで、自殺予防が期待でき
る。

品川区の腰痛、首痛の治療なら

WHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインへ

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約