WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

反り腰や真っすぐな腰が腰痛の原因?


反り腰や真っすぐな腰が腰痛の原因か?東京の整体ならカイロプラクティックそのまんまサンシャイン

いきなりですが、答えからいくと反り腰や真っすぐな腰が腰痛の原因ではありません。
腰痛がある人も、無い人もレントゲン上は反り腰の人もいればそうでない人もいて、レントゲン上の腰の反り具合は腰痛とは関係ないということです。

しかし注意が必要です。

レントゲンは一瞬の状態を撮影する方法です。変な表現になりますが、例えば怒っている表情で写真を撮ったからといって、その方がいつも怒った表情ではありません。(たまにいつも怒っている人はいますが)。

腰が反った状態でレントゲンを撮れば反ったという判断になりますし、真っすぐな骨の状態でレントゲンを撮れば真っすぐに映ります。

細かく見ていきましょう。

レントゲンで確認できる腰の形状と腰痛は無関係

仙骨の角度と腰痛は無関係という研究結果品川区の整体・カイロプラクティックは二葉のそのまんまサンシャイン

急性腰痛患者200名、慢性腰痛患者200名、健常者200名を対象にX線撮影で仙骨底角を比較した結果、

3群間に差はなかったことから、腰部前彎と腰痛とは一切無関係なので、医師は腰部前彎に関するコメントを控えるべきと警告。
(Hansson ,1985)

上記の研究のように、しっかりと比較してみると全くの思いすごしで根拠のないことは多くあります。

とは言いつつ、姿勢反射が関連していることも

臨床上はケースバイケースです。レントゲンを撮影する姿勢が違えば腰椎のアライメントも変化します。大切なのは日常生活動作の中で、腰をどのように使っているかだと私は考えます。院長どういうことかと言うと、上記の論文は静止画像で判断しているので、動いたときにどのような動きを出来るかがポイントになります。

例えば反り腰の方、上記でいうなら腰椎の前弯角が大きい方は、腰がそっている訳ですが、自力で逆ぞりにすることが出来れば、日常生活での負担は減ります。逆にいうと逆ぞりにできる力がない人は腰痛持ちの方が多いように見受けられます。

別の言い方をすると、そり腰も作れるし、まっすぐな腰も作れるという動きの多様性があれば問題無いということです。そういう意味では、反り腰は腰痛と関係していると、私は思います。

ヨガやピラティスでの研究で腰痛の緩和に効果が出る方、出ない方の差はココにあると私は考えています。

慢性腰痛持ちのマイノリティーに対してヨガ
ヨガ

ヨガ

研究者らは12週間のヨガクラス、15回の理学療法受診、そして慢性腰痛との付き合い方についてのニュースレターや教育情報を掲載した本を読ませるグループの3群に被験者をランダム割り付けして検討を行った。介入期間に引き続いて、被験者にはメンテナンス期間としての追跡研究が実施され、1年間追跡された。本研究はいわゆる非劣性研究として行われ、ヨガが標準的治療である理学療法に対して統計的な有効性をもたらすかどうかを判定するために実施された。

結果、慢性腰痛の患者に対して実施されたヨガクラスは理学療法と同等程度の疼痛抑制、機能改善、服薬必要性の低下などの効果をもたらすことが明らかとなった。ヨガ群と理学療法群での改善は1年後の時点でも同様に保持され、両者の有益性に統計的な有意差は見られなかった。ヨガを慢性腰痛の改善手段として用いる事は、理学療法に対する治療選択肢として、好みや実施可能性、コストなどの点でも、検討可能な手段であると研究者らはまとめている。https://goo.gl/aq2vv9

一番簡単な’’反りっぱなしの腰’’の検査にもなります

下の動画の腹筋で腰骨が床に押し付けられないような状態の方は、腰部が屈曲(反るのと逆)の状態に日常生活できないということです。

リハビリで新しい動きを獲得していく必要があると思います。

テーラーメードだからできる対応

テーラーメイドの治療というのは、個々の患者さんの状態を検査、判断し必要な運動をどんどん増やしていきます。画一的にそり腰だから=腰痛 ということはありません。動きとひつひとつ確認しながら失われた動きを認識して頂いております。oり

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約