WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

腰への負担は腰痛を減らす


腰への負担が大きいほうが実は腰痛は少ない

超一級の疫学調査での結果です。信じられないかもしれませんが…

腰へ負担が掛かるから腰痛になると考えていたのは妄想のようです。統計的にみると腰へ負担が掛かる仕事の方が腰痛の発症率は低いようなのです。

重量挙げ

腰への負担が大きいほうが腰痛は少ない

2003年の研究結果です

農業従事者1,221名と非従事者1,130名を対象にした前向きコホート研究では、腰への負担が大きいほど腰痛発症率が低下。

腰痛の原因は「摩耗・損傷モデル」では説明不可能。腰の健康を保ちたいなら肉体労働を恐れてはならない。
(Ann Agric Environ Med. 2003)

皆さんきっかけは様々ですが、何しろ軽い何かを持ち上げた時とか、「いつもと少し違う体勢で動いた時に腰が変な感じがして…」というような訴えが多いです。

しかしよくよく考えてみると、いつもは腰痛発生した時よりも重いものを持っているわけで、たまたま何かを持った時に発症したというだけなのです。

実際に体重があるほうが腰は丈夫

■体重差のある(平均13Kg)一卵性双生児を対象にMRIで腰椎を比較した結果、体重が重い方が腰椎の骨密度が高く、椎間板の状態も良好だった。仕事やスポーツによる累積的かつ反復性の生体力学的負荷が椎間板にダメージを与えるわけではない。

http://1.usa.gov/ldX4Zv

椎間板の変性は遺伝的要因であることが解かっています。以上のことからどんどん腰に負担をかけた方がいいということです。但し正しいフォームを身に着けることが大切。

恵比寿さん

体重があるほうが腰の構造は丈夫

腰痛の発想とその後の経過は 心理社会的要因が大きい

欧州リウマチ学会の特別委員会が行なった筋骨格系疾患と心理社会的因子に関する文献調査によると、
多くの研究において
心理社会的因子は力学的因子より筋骨格系の疼痛発症とその後の経過に大きな影響を与える強力な予測因子であることが判明。
(Ann Rheum Dis 2009)

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約