WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

鬱を薬以外でやり過ごす


鬱をいろいろな角度から考えていきます

薬物療法以外の視点

欧米ではうつへの治療法は認知行動療法が主流です。このような試みも効果がみとめられています

青少年の鬱病へのゲーム治療

マリオ

僕マリオ。認知行動療法のゲームもお勧め

認知行動療法的手法を用いた3Dゲーム(SPARX)が、青少年のうつ病に有効であることが報告されました。

うつ症状を呈する思春期(12-19歳)の187人を対象に、対面治療に対するコンピュータ認知行動療法プログラムがニュージーランドで行われ、従来通りの対面による認知行動療法と比較されました。

このSPARXは対話型ファンタジーゲームで、従来の対面療法とくらべ、3ヶ月間のフォローアップでみてみると最初は対面療法におとりますが、中間点以降で従来の療法より治療成績が良いでのです。

小児うつ病評価尺度はSPARX群で10.32低下、通常治療群(対面カウンセリング)で7.59低下したようです(BMJ2012;(Published 19 April 2012)Cite this as:BMJ2012;344:e2598)

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22517917

現在はオンラインでの英語版のみ??

時代の変化とともに以前では考えられないような取り組みが行われてきています。なおこのSPARXですがオンライで購入できるようですから(英語版ですが非常に優しい英語だそうです)一度試してみるのも良いでしょう。https://www.sparx.org.nz/

珈琲を飲む女性は鬱になりにくいかも

ハーバード・メディカル・スクール・チームは1996年から2006年まで10年の間の追跡調査を行いました。女性の健康を追って、彼女らのコーヒー摂取の記録をアンケートにより行いました。

珈琲を飲む女性

女性に珈琲はお勧め

それによると50,000人以上の米国の女性看護婦の研究から、1日2杯以上の珈琲が『鬱』を予防するかもしれないことが分かったようです。

日に2~3つのカップを消費した女性は、抑うつの発症を15%を減少し 4杯以上のカップを1日飲んだ女性は、抑うつの危険を20%削減したようです。

研究者らは、カフェインが脳のドーパミン系を活性化させるからであろうと推測しています。 注意点としてカフェインで眠れなくなる可能性があるから、慎重に。(26 September 2011,BBC News)

人間の幸福感の尺度

人間の幸福感は経済的なものだけでは測れない

よくある話ですが、アメリカでの調査です。1990年のドル為替レートで計算された調査によると、税引き後の平均所得が$7500を境に幸福と答える人の率に変化はないそうです。(2010年10月28日.中日新聞.【朝刊】【静岡】)

これが今の日本の所得で、どれくらいが境になるか。2012年の上半期で年収800万円が境になっているそうです。

スピリチュアリティ(霊性)が精神的健康を向上させる可能性

日本ではスピリチュアルというと何やら怪しげなイメージを持つ方も多くおりますが、海外では宗教観があることは当たり前で、むしろ宗教観の無い人間のほうが少ないと良くいわれます。

天使

何でもいいから霊性に意識を向ける

昨今では御朱印集めがブームになってきていますが、これも人間の霊性を呼び起こす活動の一つだと私は考えています。人間らしいブームですね。

この霊性が精神的、身体的な健康を増進させるであろうという医学的な研究結果です

米ミズーリ大学宗教学教育専門助教授のDan Cohen氏らの研究で明らかになり、 「Journal of Religion and Health」に掲載された模様。

【内容】 仏教徒、カトリック教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒、プロテスタントを対象に、 人格、精神性のレベル、身体的および精神的健康について尋ねた3件の調査結果を検討した結果

5つの信仰すべてにおいてスピリチュアリティが高い人ほど精神的健康が良好であり、特に神経症的傾向が低く、外向性が強かった。Cohen氏らは、人格に関する変数を考慮後、寛容性が精神的健康を予測する唯一の精神性の特性であると結論。

昔から言われてきた事もやはり大切

Cohen氏は、「スピリチュアリティは自己中心的な考えを抑制し、より大きな世界に属する感覚を育てることで、精神的健康の助けになる可能性がある。この研究結果はスピリチュアリティが多くの点で人格特性として機能するという意見を裏付けている。」

「興味深いのは、宗教的活動への参加頻度などが人格、精神性、信仰、健康間の関係において重要でなかった点である。精神的信念はストレスを主情的に処理するうえで役立つ対処法と思われる」という。

Cohen氏らは、治療やリハビリテーションプログラムを個人の精神的信念に合わせるなど、スピリチュアリティと健康の関係が医療の一助になるのを証明できることを示唆した。今回の研究はスピリチュアリティと精神的健康の関連性を示したが、因果関係を証明するものでない。

非常に面白い研究ですね。 薬物療法が中心の日本では毛嫌いされるかもしれませんが、私はこのような研究がさらに薦められることを期待します。

半年やりすごそう

私自身は鬱は人間の正常な反応という考え方なので、薬でこじらせない方が良いという立場です。

ですから半年くらい何か興味が湧くことにトライしてやり過ごしていれば自然と回復するとおもいますよ。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約