WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

やはり野菜や果物を多く摂ると良いみたい


 

野菜や果物を多く摂る女性は心臓発作になりにくいという。
この研究は「The American Journal of Medicine」10月号に掲載。
 
【方法】
49~83歳のスウェーデン人女性3万2,561人を10年間追跡調査して、食生活へのアンケートを行った。
 
【結果】
1,114人の被験者に心臓発作が起きた。
抗酸化物質レベルが最も高い被験者では、そうでない人に比べて、心臓発作リスクが20%低い。
多い人では、果物および野菜を1日あたり約7皿分摂取していた。
最も低い被験者は2.4皿分を摂取していた。
 
研究者のWolk氏は、「心臓発作に関連するすべての食事性抗酸化物質の影響を検討した研究は今回が初めて」という。
付随論説では、減量のためのさまざまな食事があるが、果物と野菜の摂取を増やすことに重点を置いた食事が最も有効だとしている。
 
野菜や果物を如何に増やすかが、大切なようです。
 
WHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャイン(品川、大田区)

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約