WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

乳幼児期に魚


オランダの研究で生後1年以内の乳児の食事に魚を取り入れることにより、後の喘息リスクが低下する可能性が示唆されたようです。

 
2002年4月から2006年1月までにロッテルダムで出生した7,200人強の小児集団の研究からデータを収集。
食事に関する質問票を評価し、食事に魚を取り入れた時期および3~4歳で発症した喘息症状に着目した。
 
生後6~12カ月で魚を食べ始めた小児は、それ以降に魚を食べ始めた小児に比べ、4歳時に喘鳴のみられるリスクが有意に低いことが判明。
それ以前に魚を食べ始めたか、1歳までにまったく食べなかった小児は、4歳時の喘鳴リスクの増大がみられたほか、息切れのリスクもやや増大した。
(具体的な数値は私はわかりません。)
 
この研究に、水銀やアレルギーの観点から反論する学者もあるようですので、今後の情報を待ちたいところです。
 
腰痛やヘルニアの保存療法は
整体・カイロプラクティックそのまんまサンシャイン(品川区二葉)

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約