WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

妊婦の方へのタミフル服用の現状調査


赤ちゃんに副作用みられず タミフル服用の妊婦調査 学会、163人を分析
2010年12月2日 提供:共同通信社

 昨シーズンに新型インフルエンザに感染し、治療薬タミフルなどを服用した妊婦と生まれた赤ちゃんに、服用との因果関係が考えられる副作用はなかったとする調査結果を、日本産科婦人科学会が2日までにまとめた。

 妊婦163人を分析した中間報告。現時点では中間報告なので参考程度にしてください。
 薬はタミフルが147人、リレンザが15人、1人は不明だった。


 インフルエンザの季節がやってきたので、妊婦の方は胎児への影響から細心の注意をはらっていることとおもいますが、この中間報告では妊娠4~7週目という注意が必要な時期に服用しても、流産する率は14%と自然流産率(15%)と一致していて、日本産婦人科学会はタミフルの影響は考えにくいと中間報告したようです。

 リレンザを服用した15人に異常はなかった。

 海外ではタミフルによる妊婦への影響があったようなので、独自の調査をおこなったようです。

 インフルエンザにかからないようにすることは、大切ですが、万が一感染してもセーフティーガードがあるとおもえば、精神的にも楽になりますから、参考にしてみてください。

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約