WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

初診時における心理カウンセリングの効果はどれくらい?


聖フランシスコザビエルの眠る街、インドのゴアで初期医療における抑鬱者と不安障害のためにクラスタ-無作為化比較試験が行われた。


これは、プライマリケアにおいて、抑鬱者と不安障害を抱える患者が初診時に健康カウンセリングを行った場合と、行わなかった場合の違いを調査したようです。

介入グループの1360人(85%)の患者のうちの1160人と対照群における1269 人を対象に行われたようです。


6カ月後に対照群における(カウンセリングをしたら)してない群よりもより回復しているようであった。


ICD-10の定義によるうつ病・不安障害の回復は、カウンセリング介入群65.0%、対照群52.9%の患者に6ヶ月後の回復が見られ、健康カウンセラーの介入が有効であることが示唆された。


ただし、プライベートな施設(おそらく個人医院のような)施設での数値は64·1%vs 65·9%,と同等のパーセンテージが記録されているので、個人施設での治療の場合、とくに健康カウンセラーの介入は効果があるとは言えない。


http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(10)61508-5/abstract


しかし数値から考えると、大きな施設でのカウンセリング介入群とパーセンテージ的には同じであるから、個人医院では同等の心理介入ができているのかもしれない。いずれにせよ、中、大規模医療施設を運営の方々は 特に記憶しておいても良い数値だと考えられる。


うつ病や不安障害かな とお思いの方は、ご参考までに。

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約