WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

男性の大腸がんになる確率を計算できるらしい


男性の大腸がん確率が計算できるようになったそうです。 
2010年12月22日 提供:共同通信社


 40歳から69歳の男性が、現時点から10年間に、大腸がんになる確率を計算できるようになったそうです。22日に国立がん研究センターなどが発表したそうです。


 年齢、身長、体重などのデータと 生活習慣から導きだせる数値です。確率は0・2~7・4%と大きな差がある。
 
 開発に携わった笹月静(ささづき・しずか)同センター予防研究部室長は「確率の数値そのものを気にするよりも、生活習慣を見直すきっかけにしてほしい」とのこと。

 計算法では、40~44歳を0点、45~49歳を1点などと数値化。体重(キロ)を身長(メートル)の2乗で割った体格指数(BMI)が25未満は0点、25以上は1点。飲酒は、飲む頻度や量に応じて0~2点。ほかに喫煙習慣と運動する量に応じた点数を設定。5項目の合計点に対応した大腸がんの発症確率が分かるらしい。

 茨城など6府県の40~69歳の男性約2万8千人を1993年から2005年まで追跡した疫学調査から、大腸がんの発症確率を予測する計算法を開発。

 こういった追跡調査による疫学調査はEBMがうたわれはじめた頃から、大規模に開始されている。

 腰痛の追跡調査も各国で行われています。あくまでも確率なので絶対的な事ではありませんが、再発防止や、無意味な受診は防げますから、なるべく費用を抑えたい方はそのまんまサンシャインへご相談ください。

Leave a Reply

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約