WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

ストレス高い職場での鬱症状は低骨密度と関連


フィンランドの研究で、職業上ストレスが高く、しかもうつ症状がある人は骨密度が低くなっているという研究が出ました。

これは踵の骨での骨密度測定で、同じように鬱症状があっても職業上のストレスが少ない場合は骨密度と関連しなかったとのこと。職業性ストレスはうつ症状と関連し、うつ病は低骨密度に関連していることはわかっているが今回のように骨密度と直接職業ストレスが関連しているのは検討されていなかったようです。

International Journal of Behavioral Medicine誌オンライン版2013年6月19日号に掲載。

ストレスやうつ状態はだれしもが大小の差はあれど、生活して行く上で経験することだとおもいます。
健康上おもわしくないのは誰でもわかっていることですが、ついつい陥りやすい状態ではあります。

ストレスはもともと工学用語で力が加わることを表したようですが、心理学用語としても使われるようになりました。
そしてユーストレスとディストレスと分けて考えられるのですが、一般的には否定的なディストレスの方をストレスと呼びます。

ストレスも程度問題で、例えば食欲も食べているうちはユーストレス(肯定的な力、行為)ですが、満腹感以上に食べるとユーストレスになります。
時間が経過すれば、またユーストレスとなります。

職場でのストレスも程度や、各個人の状況によって変わるものです。物事の尺度は絶えず変化していきますので一律に測れるものではないですし、
今後も数値化する傾向は強くなるいっぽうでしょうが、ダイナミックに絶えず変動していることはおさえておく必要があるでしょうね。

内田樹先生は人間にそなわった能力という表現で、それら各個人の身体状態をモニタリングする力として数値化できない、
学校教育では評価できない能力として解説されておられます。

評価主義社会はいっそう進んでいくでしょうが、カウンター勢力として各個人の生きる力というのも必ず強くなっていくとおもいます。
大切なのはストレスを感じてうつ症状がある人が、客観的な評価でレッテルを貼られることではなく

各個人の生きる力を信じ、磨いていくことだと私は思います。
世界のどこかにご自身の骨密度が直感的に解かるひとがいるかもしれないとおもうと、疫学調査の参考になる点と、無意味な点が各個人の中で現れてきます。
TMSジャパンの長谷川先生はエビデンス取り扱い注意として、われわれに喚起してくださいます。

腰痛やうつ病の方々の回復をお祈りしております。


 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約