WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

ヘルニアと脊柱管狭窄症の手術について


遠方から当院にいらっしゃる方の多くは問題が深刻なこともあります。
問診時に今までの経過や、受けた診断、説明を詳しく伺っております。

手術を検討している方も稀にいらっしゃいます。このような説明をさせて頂いています。
膝下までの痛みや痺れ症状を伴うものを神経根症状といいます。

神経根症状のない急性腰痛(ぎっくり腰)患者で、レッドフラッグ(危険信号)がなければ椎間板ヘルニアを疑って外科手術を検討する必要はない(確証度D)。http://1.usa.gov/uhlYSO 
神経根症状の有無にかかわらず、レッドフラッグのない急性腰痛に手術の適応などあるはずがありません。

脊柱管狭窄のある高齢者であっても、日常生活に支障がなければ保存療法による管理が可能であり、症状が現れてから3ヶ月間は外科手術を考えるべきではない(確証度D)。http://1.usa.gov/uhlYSO 
 

【脊柱管狭窄症の経過】
脊柱管狭窄症に対する手術と保存療法のランダム化比較試験は存在しませんが、その症状は時間の経過に伴いまったく変わらないか、徐々に悪化するか、徐々に改善するかのいずれかです。

社会的な認知も少しずつ変化して、最近は手術手術と心配している方は減ってきましたが、もし周囲にお悩みの方がいたら教えてあげてくださいね。

 

東京品川区のヘルニア、脊柱管狭窄症の保存療法ならWHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインまで
 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約