WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

椎間板変性について双子の研究


19世紀の学説では椎間板に負荷がかかったり怪我をする、または加齢によって椎間板が損傷するモデルが提唱されていました。
腰椎変性変化に関連する臨床症状と機械的な要因に焦点を当てた損傷モデルの研究です。2009年のものです。
 

目的は 双子脊椎研究プロジェクトの方法及び調査結果の見直しを提供するためです。

最も重要な発見は腰椎椎間板変性症と椎間板変性に関連付けられた最初の遺伝子形からみて遺伝にかなりの影響があった
逆に、成人期を通じて職業や余暇時間の物理的負荷条件で双子の兄弟の間で行動が不一致にもかかわらず、椎間板変性に驚くほど時期が同じ時に観察された。

椎間板にルーチーンに負荷がたくさんかかれば、それだけ椎間板の健康度が高くなることが確認されている。

椎間板の変性は、遺伝により双子だと同じ時期に観察されるのです。

結論として、いままでの機械的な損傷や、怪我、消耗から椎間板損傷が起きると言うことは、この研究では見いだせなかった。
おもいものをもつとか、複数回ものをもつなどの環境因子もあるが、遺伝的な要因が一番椎間板変性と関係しているようであった。
 

議論の余地がない真実とされる信念、学説、慣行という腰痛分野における「聖域」を侵した双生児研究の業績は大きい。輝かしい賞を数多く受賞しているにもかかわらず、腰への物理的負荷が椎間板変性の危険因子だとする見方は変わらない。目を覚ませ。http://1.usa.gov/vUFBka

姿勢によって椎間板にかかる圧力を測定したナケムソン(Nachemson)の有名な研究をサイトに掲載している人がいます。ナケムソンは後に椎間板にかかる圧力と腰痛は無関係だと断言していることも同時に伝えるべきです。それを怠っているということはすなわち、自分は勉強不足だと公言しているに等しい行為です。恥ずかしい話です。

 

ヘルニアと診断を受けて恐怖におののいているかた。
カイロプラクティックそのまんまサンシャインへ

 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約