WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

症状がないヘルニア5年間の追跡調査


ヘルニアというのは現象であって痛みとは相関しないことがわかっています。無症候性のヘルニアといいます。
これらの状態にあるひとが5年間にどのように変化するか診て言った研究があります。

健常者41名を対象に腰部椎間板を5年間にわたってMRIで追跡調査した結果、磁気共鳴画像は、椎間板変性に関して2つの放射線科医によって独立して分析した。さまざまな予測変数は、物理的な仕事の特性、スポーツ活動、および磁気共鳴画像ベースの形態学的所見に特別な重点を置いて、ベースライン時とフォローアップの両方を評価した  

41人のうち、17(41%)は、ディスクの状態の悪化を示した。10個体において、椎間板変性の進行は、一級以上であった。5年間の追跡期間中に進行性椎間板変性と腰痛に弱い相関があった。多重ロジスティック回帰分析では、実証されている椎間板ヘルニアの程度(オッズ比[OR]、12.63;信頼区間[CI]、1.24から128.​​49)、スポーツ活動の欠如(OR、2.71; CI、1.04から7.07)、そして夜仕事をシフト(OR、23.01、CI、1.26から421.31)はコントロールがベースライン、性別、年齢、そして体格指数で縮退ディスクの枚数のために使用されたフォローアップの評価中に椎間板変性のための重要な予測因子であった。

結論: 結果は、椎間板ヘルニア、スポーツ活動の欠如、夜勤の仕事の程度が腰椎椎間板変性とその進行の開発のための重要な危険因子であることを示している。

いいですか、大切なのはディスクと腰痛には弱い相関があるということです。
基本的には症状のないヘルニア持ちに対する研究です。

2002年の研究ですから、参考までにしてください。

品川区、ヘルニアの治療ならWHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインまで

 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約