WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

夫婦などで症状が似てくる


御夫婦で来院されている方に多いですが、同じような場所に症状を訴えられます。
私は脳のミラーニューロンがそうさせると思っていましたが、MRIで同じ領域が活性化することが発見されたそうです。

ヘルスデイジャパンより(2013.09.09)

脳には、近しい人に共感する傾向があることが、米バージニア大学心理学教授のJamesCoan氏らの研究でわかり、論文が「Social Cognitive and Affective
 Neuroscience」8月号に掲載された。共感は他人の感情を理解する能力。

同氏によれば、親しくなると他者が自己の一部になるという。Coan氏らは、若年成人22人を対象に、機能MRIを用いて、被験者、友人または見知らぬ他人が軽い電気ショックを受けるという脅威に曝されているときの脳活動をモニターした。その結果、被験者が脅威に曝されている場合と、友人が脅威に曝されている場合は、脳の同じ領域が活性化したが、見知らぬ人ではこの領域の活動はほとんどみられなかった。

Coan氏は、「この結果は、自己を他人に合わせるという脳の驚くべき能力を示しており、比喩などでなく、近しい人の身になれることを示している。人は自分が支持できる友人や味方を持ち、自分と同じだと考える必要があるために、この反応が生じる可能性が高く、親しい人は自己の一部になる」という。

Coan氏はさらに、「自分たちに対する脅威は、自分たちが頼りにする人に対する脅威。友情を育めば本質的に信頼できる人は『自分たち』になる。これは生き延びる能力の1つだ」と述べている。


ここ数年共感力が大切という話を聞きます。
脳の機能が衰えたというより、近しく感じる人が周りから少なくなった結果、脳がそのうように機能しなくなったのかもしれませんね。

御夫婦で同じような身体問題を抱えてらっしゃるのは、仲良し夫婦の証拠なのでしょう。

WHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャイン(東京都品川区)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約