WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

日本人における膝痛・腰痛の有病率と危険因子


日本人の腰痛と膝痛の関連性を指摘した報告です。

東京大学医学部附属病院22 世紀医療センターの吉村 典子氏らの研究です。

LOCOMOスタディは、筋骨格系疾患の予防を目的に設けたいくつかのコホートからの情報を統合するために、厚生労働省より助成金を受け2008年に開始された研究である。
東京(2地域)、和歌山(2地域)、広島、新潟、三重、秋田、群馬の各都県に位置する9地域を含むコホートで

1万2,019人(男性3,959人、女性8,060人)の情報を統合、評価。

主な結果は以下のとおり。
女性ですと約4割が腰痛を持っているようです。

膝痛の有病率は32.7%(男性27.9%、女性35.1%)腰痛の有病率は37.7%(男性34.2%、女性39.4%)であった。
・ベースライン調査で膝痛・腰痛の両方について調査された9,046人のうち、どちらの痛みもある人は12.2%(男性10.9%、女性12.8%)であった。
・「高齢」「女性」「高BMI」「農村地域居住」「腰痛あり」が、「膝痛あり」に有意に影響していることが示された

同様に、「高齢」「女性」「高BMI」「農村地域居住」「膝痛あり」は、「腰痛あり」に有意に影響していた。

これはおそらく、股関節がうまく使えていないからでしょうね。なかなか痛めてからでないと耳にはいらないものですが、基本的な動きなので押さえておきたいところです。

先日カイロプラクティックのシンポジウムに参加してまいりました。
たまたま介護用品のお話を聞く機会に恵まれましてそのことを交えて書きますと、機能改善をさせようとする介護用品は全体の1割に満たないそうです。

カイロプラクティックテーブルを販売する業者が、機能回復を図る介護用品の販売を始めたところ解かってきたことだそうです。

多くの腰痛や膝痛は適切な運動をしていくことで管理することができます。
背骨の機能回復も伴わせて行う事で本来発揮する力を取り戻していきけます。

健康な超高齢化社会は世界にとっても魅力的に映ることだと私は思いますので、若いうちからコツコツと運動をしていきましょう。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約