WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

「不況が健康の悩みの引き金」よさらば!


ヘルスデイジャパンによると、不況が原因でストレス性の病気が増えているとのこと。

米国では、近年の不況によって胃潰瘍をはじめとするストレス性の健康問題に関する懸念が高まっていることを、
米サンディエゴ州立大学公衆衛生学部研究教授のJohn Ayers氏らが報告した。
http://www.healthdayjapan.com/index.php?option=com_content&view=article&id=4863:2014123&catid=49&Itemid=98

グーグルの検索数を調べることで、不況時と好況時ではストレス関連ワード検索が最大228%多かったという。
内訳は以下の通り、
胃潰瘍の症状に関する検索数は想定よりも228%多く
頭痛の症状に関する検索数は193%く
ヘルニアについての検索数は想定よりも37%多く、
胸痛は35%、
心拍の異常は32%それぞれ多いことがわかった。

腰痛、胃痛、関節痛、歯痛についても通常より検索数が多かったという

面白いのはヘルニアや腰痛などもストレス関連として報告されていることですね。
欧米では当然とされているのでしょうか。そうであって欲しいですね。

とにかくストレスが多いと痛みを感じやすくなるのも事実です。
なんとかストレス対策したいところですが、そのまんまサンシャインはいつも通り運動を勧めています。

運動をすることでストレスホルモンがでづらくなるそうです。
メカニズムは解明されえいませんが、そうなるそうです。

なんとか運動していただける状態までサポートしていきたいところですね。
ますます機会化が進む社会で、カイロプラクティックの需要は増えるいっぽうでしょう。

痛みが出始めたらすぐにWHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインへ!
品川区二葉町(最寄駅は中延駅、西大井駅)

 

 

 

 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約