WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

抗不安薬や睡眠薬は危険かも


抗不安薬や睡眠薬を処方された、約3万5000人を対象とした7.6年の追跡調査による結果です。
解析対象群は6万9418人にのぼる薬を処方されていない方々です。

もともと他の疾患がある方もおられて、さまざまな交絡因子が調整されているが7.6年間で
追跡期間中の累積死亡率は、100人当たり薬使用群26.46、対照群16.82。
登録から1年以内の死亡を除いても、7.6年間にわたって100人を追跡すると使用群では約4人が過剰に死亡すると推定された。
http://www.bmj.com/content/348/bmj.g1996

7.6年で4人過剰に死亡することが多いと見るか、まあ仕方ない数字と見るかは人それぞれですが
3倍以上の死亡率の増加になるそうです。

薬剤を処方された群は
抗不安薬または睡眠薬もしくはこれら両方が初回処方され、この期間内に複数回、同じ薬剤の処方を受けていたそうです。

具体的にはひとそれぞれ処方された回数は違うでしょうが、ずっと飲み続けていた方々ばかりではなさそうですね。
カイロケアをしている立場としては、不安感や不眠傾向も、まずは背骨のケアと認知行動療法で対応することをおススメします。

みなさまおひとりおひとりが、安易に抗不安薬や睡眠薬を手にしない心構えが必要でしょうね。

品川区で不安や不眠傾向の方はWHO基準カイロプラクティックそのまんまサンシャインへ(西大井/中延)

 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約