WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

痛みは脳で何が起きているか

痛みの仕組み 脳

痛みは一概に悪いわけではない。何かのサインである事も多い。

痛みが取れていく人、とれない人にも傾向があります

私はカイロプラクティックを通して『痛み』というものが、個々の人間や、その集団、コミュニティーがより良く生きるため、また社会成熟して行く方向性を示しているのではないかと思うようになりました。

超高齢化社会を迎える日本にとって、とても大きな問題かもしれませんが世界に誇れるコミュニティーを作っていけるチャンスであるとも言えます。

痛みはきっと何かのサイン

いつも痛い痛いといっている方。おそらくこれからもずっと痛いでしょう。ライフスタイルを少しずつ変えていく必要があります。またその痛みは社会的な痛みを回避するために出ている可能性もあります。

それらの科学的な研究結果を見ていきましょう。

慢性の痛みは「言葉」によって活性化してしまう

昔から良い言葉を使いましょうと教えられてきましたが、こと痛みに関しては「痛い」という言葉をむやみに使わないほうが良いようです。

脳はどうなっている

痛みと脳

.MRIで解かってきた言葉や意識の大切さ

fMRIを用いた研究によると、痛みに関連した言葉とイメージを思い浮かべる時と、リラックスした時の脳の活性化部分が違う。
注意を逸らせるイメージや言葉だと痛み部分の活性レベルが低下した。

このように脳内の痛みタスクは何に注意をはらっているかで大きく変化するものである。痛みを考える上で心理学上の負の感情や意識の覚醒状態だけで考える事はできない。
(Richter M, Eck Jet al .,2010)

いつも痛い、ここが痛い、ずっと痛いという言葉を使っている人は痛みに注意が向くため、より痛みが強調されますし、脳科学でも証明されてきているということです。

感情に意識、言葉が関連している痛み

疼痛関連コンテンツをイメージまたは言葉にすると
背外側前頭前野(DLPFC)と下頭頂皮質という痛みに関連するペインマトリックスが活性化される。これは単に、ネガティブな感情や、意識の覚醒状態の変化によってのみ痛みが変化するのではないことを示している。
(Richter M, Miltner W et al.,2011)

脳神経で見た場合、社会的な痛みは肉体の痛みとして再共有されている

2012年 心理学のレビューです。

社会的な拒絶または損失の経験が、おそらく脳内で正当な理由のために、人間の顔や 痛い経験の一部として記載されている。この脳内システム、は社会的分離、(孤立)の有害な影響を防ぐために、痛みの信号を借りて、痛みのシステム共有している可能性があります。

社会的な痛み(社会での立場の痛み)は身体の痛みそのもの

MRIで解ってきた痛みの本質、レビューとは膨大な関係論文を専門家が批判的に吟味する、超1級の証拠です

このレビューは、物理的な痛みや社会的な痛みの経験が共有神経基質に依存しているという考えを探求してきた研究のプログラムをまとめたものです。

社会的な痛みは肉体的な痛みの関連神経領域を活性化することを示す証拠が見つけ出されている。
そして、このような物理的な予想結果のいくつかの身体の痛み、社会的痛みのオーバーラップを探索研究がまとめられている。

どのようなこれらの共有神経基質は社会的に痛い経験の理解のために、意味が議論されています。
(Psychosom Med. 2012 Feb-Mar)

 

近年の痛みの疫学調査

1958年産まれの英国人を45歳の時に見た研究が20081024日に発表

ビッグデータ

ビッグデータで見てみると

グループ分けして、追跡比較していくと(出生前向きコホート研究)社会経済的状況と成人期の筋骨格系疾患の関連を調ていくと
次のようなことが分かりました。

社会経済的地位が低いと腰痛・肩痛・腕痛・膝痛だけでなく全身の筋骨格系疼痛の発症率が高くなる傾向にあることが判明。
(Ann Rheum Dis 2009)

これは単純に労働時間が長くなるため肉体的に負担が増えるということとも言えますし、広く言えば格差がそのようにさせているとも言えます。単純には言えないのですが、一般的に言えることの一つです。

オーストラリアでの2010年の研究発表です

オーストラリアの疫学研究によると、腰痛発症率は30代が最も高く、全体の有病率は6065歳まで増加するがその後徐々に減少する。
腰痛発生の危険因子として低学歴・ストレス・不安・抑うつ・仕事への不満、職場の社会的支援が乏しいなどが明らかになった。
(Best Pract Res Clin Rheumatol. 2010 Dec;24)

時に痛みは社会的な痛みとして再発します

2008年の研究です

精神医学での研究ですが、肉体的な痛みが癒えない時は社会的な痛みとして脳の構造に組み込まれることが示唆されています。

次回からはより強い痛みとなる

興味深いのは構築された社会的な痛みは、次に同種の社会的苦痛を味わった時により強い身体の痛みを憶えるようだということです。

社会的な痛みは肉体的な痛みに便乗して脳の構造に記憶され、進化して社会的な痛みがあった時に身体の痛みより先に認識され、過去にあったような社会的危機に再び合わないように働いていると考えられています。
(https://goo.gl/6j7bTo)

腰痛などの痛みをとるエクササイズの考え方

痛みをとっていくエクササイズとは何でしょうか?

これは状況状況によってさまざまなのですが、基本的にはバランス良く有酸素運動と無酸素運動を行うことをお勧めします。運動をしている人で腰痛の方と全く運動をしていなくて腰痛の方ですと当然必要な運動の種類は違います。上をみる女性

そしてぎっくり腰のような急性状態の時は運動は逆効果になります。

急性期1ヶ月以内は日常生活を維持するだけで充分

3週間くらいは無理な運動は厳禁

ぎっくり腰、むちうち、寝違いの状態の時は あえて運動をすすめていません。さまざまなデータがありますが、有酸素運動などは3週間経過してからお薦めすることはあります。

慢性の痛みは、続けられる運動を見つけることが大切

6週から12週は続ける

ヨガ

    例えばヨガ

慢性痛の方で1.2週エクササイズを続けても効果がないという方がいますが、1.2週では効果がなくて当たり前。

慢性の痛みには、効果的なストレッチなどを最低でも6週間以上続けることが必要です。運動の結果得られた動きが日常生活に活かされるには時間がかかります。結構ながい期間ですよね。当院ではマッケンジー体操など手軽にできる運動を続けてもらうことが多いです。

検査や施術を受けると実感しやすいです

情報は多くございますので、適当なものをご自身でやってみるのも良いですし、われわれカイロプラクターの直接検査があったほうがどこがどうなっているか解かり易いですし、早く理解できるとおもいます。

 

理学療法に匹敵する効果のヨガ

12週目の時点で、ヨガ群と理学療法群ではいずれも教育群よりも大きな改善が認められた。臨床的に意味のある(つまり、日常生活に変化がみられるような)疼痛と障害の改善がみられた患者の割合は、教育群の23%に対し、ヨガ群では48%、理学療法群では37%だった。なお、ヨガ群と理学療法群の間には統計的に有意な差はなかった。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28631003

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約