WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

腰痛の予防には教育プログラムが優れている

ここ4年ほどの研究でも、心理社会教育の重要性が決定的になっているようですね。
われわれフィジカルにアプローチしている者からすると、少し残念に思う部分ですが、結果は結果です。

■健常者402名を腹筋強化運動+教育プログラム群と教育プログラム群の2群に割り付けて2年間追跡したRCTによると、両群間の腰痛発症率には差が認められなかったことから、腹筋強化運動は腰痛を予防できないことが判明。http://1.usa.gov/p3JqOY

 

■軍隊内での研究によるとコアの安定化より、簡単な心理社会教育の方が腰痛予防にすぐれているhttp://goo.gl/cdSyHG

ただ臨床をしていて気になるところは
例えば過去に何度も腰痛を繰り返していて、コアトレーニングが必要だとういうことでピラティスの個人レッスンを数年受けていた方が来院したことがあります。

当然必要な背骨のコントロールが出来ていると思っていましたが、検査をすると基本のコアの動きが身についていませんでした。
この方は職場の移動もあって、仕事の負担が減ったこともありますが、その後は大きな腰痛は1度だけしかありませんでした。

またイスラエルの徴兵制度の中の厳しい訓練を受けている女性が来院したときも、軍隊の中でピラティスなどのコアトレーニングはあるのだそうですが
実際の動きの中でコアの動きが活かされておらず、当院で再教育をしたこともあります。結果的に腰痛はなくなりました。

ですからケースバイケースで考えた方が良いと私は思います。

少なくとも心理教育だけを受けに来られる方は今のところ当院ではおりません。(当たり前か…)

運動を一生懸命しても痩せられない理由が分かった!?

そこそこ運動しているのに、一向に体重が減ってこないのは身体が運動量の増加に適応して省エネ状態になろうとするから、かもしれないという報告。

米国ニューヨーク市立大学による研究。

———————————————————————————————————-
以下引用抜粋

私たちの身体は、運動量の増加に適応するようになっている。そのため、身体をより多く動かしても、残念ながらエネルギー消費量が増えるとは限らないという。今回の結果は、毎日のエネルギー消費における身体活動の効果を考え直す時が来たことを示している。さらに、ダイエットの目標をサポートするうえでの食事と運動の重要性を、改めて知らせるものだ。DSCN9606-min

「運動は、健康にとって本当に大事なものです。私たちの研究は、運動が身体と心を健康に保つというエビデンスを揺るがすものではありません。ただ、体重管理や不健康な体重増加を防ぐためには、食事にも重点を置く必要があることが示されたのです。」とニューヨーク市立大学のポンツァ氏は話している。大規模な比較研究によって、非常に活動的に生活している人たちのエネルギー消費は意外にも、座位時間の長い人たちと同程度であることが示されたという。

「アフリカのハッツア族は信じられないほど活動的です。(狩猟民族)毎日長い距離を歩き、ハードな肉体労働をたくさんしているのです。このような高い身体活動レベルにも関わらず、彼らのエネルギー消費はヨーロッパや米国などの現代的な生活様式で暮らす人たちと同程度だったのです。本当に予想外でした。

このことから、活動量とエネルギー消費の関連について考えるようになりました。」 とのこと。

 

 

http://www.cell.com/current-biology/abstract/S0960-9822(15)01577-8?_returnURL=http%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS0960982215015778%3Fshowall%3Dtrue

————————————————————————————————–

食事が関係しているのは当たり前っちやあ、当たり前の気がしますが、エビデンスです(キリッ)と言えば納得する方も増えるかも。
そこそこ運動しているけど痩せない、とか、なかなか痩せない、水を飲んでも太る などと表現される方は

なんだかんだでそこそこ食べてらっしゃいますものね。エコの時代ですから燃費のいい身体を作りたいものです。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約