WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

ぎっくり腰に物理療法は効果がない?

ぎっくり腰に対して冷やした方がいいとか、マッサージがいいとか、超音波治療がいいとか、物理的な療法が効果があることは証明されていないようです。

そのまんまサンシャインでも、ギックリしている腰を温めたり、しっかり筋肉をモミモミしますが、基本的には脊椎マニピュレーションを成功させるための筋肉緩和操作だとお考えください。

マッサージ

マッサージ

それでも患者さんの満足度から考えるとしっかり筋肉をモミモミしてあげたほうがいい部分はあるとおもいます。

背骨をマニピュレーション(矯正?)するときも「これは特にズレているわけではなく、動きの回復を行っているのですよ」と毎回馬鹿みたいに説明しながら
行うのですが、とても大切なことだと思い馬鹿バカしいけど続けています。

背骨のズレ信仰はとどまるところを知りませんから、「またズレてます?」と聞かれますが「もともとズレてませんよ~」と言い続けています。

★急性腰痛(ぎっくり腰)に対する物理療法(温熱・寒冷・マッサージ・超音波・低出力レーザーなど)の費用対効果は十分に証明されていない。
患者が家庭で患部を温めたり冷やしたりすることは選択肢のひとつとなり得る(確証度C)。http://1.usa.gov/uhlYSO

臨床上は患者さんの満足度と効果の両方を体現しなければならない為、患者さんが希望する場合は超音波やレーザーなども臨床上は必要なことなのかもしれませんね。

英国では20年前から腰痛と心理・社会・経済問題が関連付けられていた

日本では昨年あたりからメディアで少しずつ腰痛と心理的要因(ストレス)の関連性が紹介され出していますが、真新しくもなく英国では20年前から腰痛のガイドラインに記載されていることです。

ですから日本では社会的な要因、それによる経済的要因(格差社会等)のことは未だに触れられていないのが現状です。
雇用問題や貧困問題が腰痛と関連しているということです。

心理学の用語でいうと身体表現性疼痛 ということになるのでしょうか。
ですから我々が普段から接している腰痛というのは医学的な問題というよりも、社会的問題を多分に含むということです。illust3492thumb

【こんな研究結論が20年前にあるということです。】20年前は

  • ■アトランタ・オリンピック開催(金3、銀6、銅5)
  • ■病原性大腸菌「O157 」による食中毒が全国各地で発生
  • ■「Yahoo! JAPAN」がサービスを開始

    といった出来事があった年。ハッキリ言って昔の話のようですね(笑)

※心理的・社会的・経済的問題などの非身体的因子は評価と治療を複雑にする可能性があるため、初期評価の時点で患者の生活における心理的・社会的・経済的問題などを探る必要がある(★★)。http://amzn.to/Hk8veA

このイギリスのガイドラインが発表された1996年の時点で、すでに心理的・社会的・経済的問題に目を向けるよう勧告が出ているのです。日本はいつまで患部に目を奪われているつもりなのでしょう。このままでは患者が増える一方です。

医療費の削減を考える場合は抜きにして語れません。
ていうかヤバくないですか? ということです。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約