WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

うつ病のプラセボ効果、そのメカニズムから考える痛み治療

Psychiatry誌2015年11月号の掲載報告によると
うつ治療はプラセボによりμ-オピオイドシステムの活性化がもたらされ、抗うつ効果に関連、さらに抗うつ薬の効果にも関連している可能性がある。
メディカルノートさんの記事が解りやすい)

そのμ(ミュー)オピオイドシステムとは体内の鎮痛システムでもあり癌疼痛薬物ガイドラインによるとモルヒネ、オキシコドン、フェンタニル、オキシコドン、コデイン、βエンドルフィン、エンドモルフィン-1.2などで発動する。どれか一つくらい聞いたことのある物質だとおもいます。
脳内、体内のこのシステムが賦活化(活性化)されると情動抑制、報酬効果、下降性の痛み抑制、意欲増進、セロトニン系の活性が起こるとされています。当然と言えば当然。

このあたりに「痛み」と「うつ」の化学的共通項が見出されると思う。
どんな治療にでもプラセボというものはあるのだが、そのプラセボ自体が痛みの治療にせよ、うつ治療にせよ重要であるのです。

それではどんな人たちにプラセボ効果が出やすいか。

プラセボが効く人達(明鳳会さんの記事引用)
1976年のモーテルらの報告によれば、プラセボ効果が効くのは、高等教育を受けた知識人、農夫、キャリアウーマン、苦い結婚生活を体験した人であるとあります。独立心と強い責任感を必要とする生活態度が要求される立場にある人達です。痛みが打ち出す依存状態は何より耐えがたく何としてでも抜け出したい、そうした人生観がプラセボ効果を高めているのかも知れません。

———————————————————————————-

あまり根性系精神論者になるつもりはないのですが、引きこもりや親離れできない状態というのは、考えようによっては上記の独立心という意味では少ないのかもしれません。

針治療が科学的にはどうなのか?と言われることもありますが、針の先生方はこの「人生観」も含めて診てくださっているのだと思います。
漢方は奥深いですね。

そう考えると、痛みや鬱から解放されたいのなら、プラセボ効果を大いに発揮されたいものです。
患者さん自身ができることは、
知識を少しずつでも蓄積していき、痛みや苦しみから抜け出す!という独立した人生観を構築していく姿勢を作っていくことです。

ちなみにマイオセラピーの面白いところは、深部筋を振動させることで生命の危機反応として
上記のμオピオイドシステムを活性化させる一つであるβ-エンドルフィン発現を強引に誘発させるところにもあります。要するにある程度痛い(笑)

この痛みに耐えきれば痛みが改善する と腹に決めることも大切です。

社会的ネットワークが健康維持にかなーり重要

私はあまり得意ではない と思っている社会的ネットワーク。
口酸っぱくお伝えしている、運動や食生活と 同じくらいに重要な健康の要素らしい。

以下引用抜粋
———————————————————————————————————–
人生の早期に社会的な結びつきがあればあるほど、その個人の人生を通じた健康さの度合いはより良い傾向があるようだ、というノースカロライナ大学の研究者による報告。社会的な結びつきと身体の健全性をあらわす具体的な指標、例えば腹部肥満や炎症性傾向、高血圧など、長期的には心疾患や脳卒中、がんなどの健康リスクとなるものとを決定的に関連づけている初めての研究。

本研究は以前の研究で報告されていた高齢成人はより社会的交流性が高いほど長生きするという知見に基づいて、若年時の影響はどうなのかについて検討を行ったものである。本研究は、長生きをするための生物学的メカニズムについて新しい洞察を加えているだけではなく、人生の各ステージにおいて以下に社会的交流性が健康リスクの低下に役立っているかを明らかにするものでもあるようだ。

研究者らはとりわけその人の実際の社会的ネットワークサイズが青年期の早期および高齢者に至る時期に重要であることがわかったという。思春期においては、社会的隔離が身体的不活動と同じくらいの量の炎症性リスクを増大させる一方で、社会的統合性は腹部脂肪肥満に対して保護効果を示すのだ。高齢者では、社会的隔離は糖尿病よりも高血圧の進展やコントロールに対して悪影響を及ぼしていた。

中年成人では、社会的交流の数が問題ではなくて、社会的交流が社会的なサポートや社会的緊張性の点から見てどのようなものをもたらしているのかという事が重要であるようだ。健康状態と人々が社会的ネットワークの中で、中年期では量よりもむしろ質が重要ということで、それほどの重要な関連性を見つけることはできなかったと研究者は指摘する。

本研究の分析から医師や、臨床家、その他のヘルスケアワーカーは再三再四、努力を強めるべきである、という。つまり、これら専門家は社会一般の人々に対して、社会的な絆が強いことが我々の人生を通じていかに健康的に生きる上で重要なことであるのかを強調するような働きかけをしていくべきである、と研究者は述べている。
http://www.pnas.org/content/early/2016/01/02/1511085112.abstract

———————————————————————————————————————————

面白い研究ですね。人間というものを改めて考えさせられます。私は社会的なネットワークというものを意識して広げようと考えたことはありませんでした。
このあたりは難しいところだとは思うのですが、好んで異業種交流会などに参加するタイプではないのですが、この研究を見る限りはなるべくネットワークは大きい方が良いみたいなので(特に青年初期、老年期)意識して生きていこうと思います。

ヘルスケアプロバイダーとして、より健康でありたいものですから。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約