WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

欧州の腰痛ガイドラインに準ずる理由

実際のところ、欧米の腰痛ガイドラインはかなり優れている

ガイドラインにできるだけ沿った内容の対応をしているのは、かなり優れた内容の物だからです。とくに解りやすい冊子のBack bookを当院では使用しています。欧米の方にも理解されやすいですよ。

バックブック

英国のBack book

世界中で腰痛問題は起きていました。医療費の高騰を招く大きな要素だったからです。日本でもNo.1の主訴です。

腰痛だけで1/4も公的医療費を使っていた

1998年度の「公的医療補償支出調査」によると、総医療費8.6兆円 ($907億)のうち、腰痛の直接医療費は約1/4の2.3兆円 ($263億)
(Luo X. et al, Spine ,2004)

日本人の自覚症状No・1

腰痛は日本人の自覚症状の第1位であり、統計
開始から24年間で57%増加
(厚生労働省, 国民生活基礎調査, 2010)

専門家の英知の結集が腰痛ガイドラインであり、医療費の削減に直結するものだと確信しています。

当院はカイロプラクティック治療という立場で公的な保険は関係ないのですが、患者さん個々においても大きなメリットがあると確信しています。

例えば初診の腰痛診療を1時間かけて行う、など現行の日本の医療制度では不可能な対応となります。

初めての腰痛の人は特に必要

ながらくカイロの臨床をしていますと、いろいろな腰痛患者に出合います。初診で手術などを示唆された人、実際に手術をした方などは精神的にも建設的な状態ではありません。

腰痛=恐怖 という自動思考が出来上がっているのが見て取れます。ですから最初の腰痛でどんな説明を受けるかが、その後の人生に大きな影響を与えると言っても過言ではありません。

再発防止までを網羅

腰痛ガイドラインは優れた結果の集積です

腰痛患者520名を対象に腰痛診療ガイドラインに従った治療群と従来の治療群の治癒率、再発率、満足度、医療費を1年間追跡して比較した研究によると、従来の治療群よりガイドライン群の方がすべての面でかなり優れていることが判明
(Spine (Phila Pa 1976). 2001 Dec 1)

実際に臨床で使用していみると実感できるのですが、優れています。丁寧に対応すればするほどDr.の負担は増えますが患者さんの今後を考えると手が抜けないですね。真面目な先生にはお勧めです。

腰痛の教育プログラムが必要

腰痛で長期欠勤している患者975名を3年間追跡したRCTによると、200日後の復職率は教育プログラム(従来の常識はすべて忘れて怖がるなという指導)群が70%だったのに対して、

標準的治療群はわずか40%でしかなかった。
(Spine (Phila Pa 1976). 1995 Feb)

過去の考えに固執している方には教育が必要

どうしても背骨がズレて、歪んで、腰が壊れている、などの考えに固執したい方もおられます。少しずつ修正したいところです。

古い考えは捨てよう

腰痛患者161名を 腰が変形しているなどの時代遅れの内容の小冊子群と新たな腰痛概念に基づく内容の小冊子群に割り付けて読書してもらい

1年間追跡したRCTによると、新たな腰痛概念の小冊子群は動作恐怖が低下すると共に回復が早いことが判明。従来の考え方を改めるのは有効な治療法である。
(Spine . 1999 Dec 1)

腰痛患者161名を対象とした新たな腰痛概念に基づく教育パンフレット
『The Back Book』の有効性に関する二重盲検ランダム化比較試験の結果、

腰痛に対する患者の誤った考え方を変えて回復を促進させられることが判明。
http://1.usa.gov/12Nesga

読書療法も行っています

当院は長谷川先生の著書を用いた、読書療法も推奨しています。イギリスの腰痛ガイドラインには読書療法も勧められています。上記のようなエビデンスが満載の一冊です。

腰への負担は腰痛を減らす

腰への負担が大きいほうが実は腰痛は少ない

超一級の疫学調査での結果です。信じられないかもしれませんが…

腰へ負担が掛かるから腰痛になると考えていたのは妄想のようです。統計的にみると腰へ負担が掛かる仕事の方が腰痛の発症率は低いようなのです。

重量挙げ

腰への負担が大きいほうが腰痛は少ない

2003年の研究結果です

農業従事者1,221名と非従事者1,130名を対象にした前向きコホート研究では、腰への負担が大きいほど腰痛発症率が低下。

腰痛の原因は「摩耗・損傷モデル」では説明不可能。腰の健康を保ちたいなら肉体労働を恐れてはならない。
(Ann Agric Environ Med. 2003)

皆さんきっかけは様々ですが、何しろ軽い何かを持ち上げた時とか、「いつもと少し違う体勢で動いた時に腰が変な感じがして…」というような訴えが多いです。

しかしよくよく考えてみると、いつもは腰痛発生した時よりも重いものを持っているわけで、たまたま何かを持った時に発症したというだけなのです。

実際に体重があるほうが腰は丈夫

■体重差のある(平均13Kg)一卵性双生児を対象にMRIで腰椎を比較した結果、体重が重い方が腰椎の骨密度が高く、椎間板の状態も良好だった。仕事やスポーツによる累積的かつ反復性の生体力学的負荷が椎間板にダメージを与えるわけではない。

http://1.usa.gov/ldX4Zv

椎間板の変性は遺伝的要因であることが解かっています。以上のことからどんどん腰に負担をかけた方がいいということです。但し正しいフォームを身に着けることが大切。

恵比寿さん

体重があるほうが腰の構造は丈夫

腰痛の発想とその後の経過は 心理社会的要因が大きい

欧州リウマチ学会の特別委員会が行なった筋骨格系疾患と心理社会的因子に関する文献調査によると、
多くの研究において
心理社会的因子は力学的因子より筋骨格系の疼痛発症とその後の経過に大きな影響を与える強力な予測因子であることが判明。
(Ann Rheum Dis 2009)

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約