WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

肩のインピンジメント症候群への手術は…

肩のインピンジメント症候群(肩が上がらない時の診断の一つ)に関節鏡視下肩峰下減圧術という手術があるようです。

フィンランドの公立病院で210人を対照に3つのグループに分けたランダム化、2重盲検による疑似治療を含む比較対照試験が行われ、関節鏡視下肩峰下除圧術は臨床的な意義は無いという結論の論文がBMJに出されました。

患者は一貫して肩インピンジメント症候群と診断を受けた210人。

3グループは

①関節鏡下除圧術を受けたグループ

②肩に穴をあけて手術しないけど本人には手術しましたと伝えたプラセボグループ

③運動療法をしたグループ

です。

2年間のフォローアップした分かったことは

①関節鏡視下肩峰下減圧術を受けたグループは痛みが4ポイント下がった(15分の)ものの事前に設定してあった最低限必要な臨床的意義の有意差は無かった。

②運動療法は盲検法において欠陥があったものの、手術群でいい結果がでなかった患者は

運動療法に移行することをベースに考えたほうが良さそうだ。

https://www.bmj.com/content/362/bmj.k2860

当院の患者さんだった方も数回カイロプラクティック治療を受けた後、肩の手術を受けてその後数年リハビリされていましたが、大きな変化は感じらないようにお見受けしました。

これから関節鏡視下肩峰下除圧術を検討されている方は、考えなおしたほうが良さそうな研究結果ですね。

肩の手術に効果はない

腰の手術や膝の手術に効果がないことが多いことは何年も前から言われていますが、肩の手術に関しても言えるという研究結果です。

肩の痛みで一番多い「肩峰(けんぽう)」と呼ばれる部分の痛みへの手術と、手術と見せかけて手術しない偽手術、経過観察の3種類で6か月後、12か月後の回復率を比べても差がなかったようです。

実際の結果は6カ月後および12カ月後のいずれの時点においても、経過観察群を含む全ての群で肩の症状が改善していたのです。

肩峰の痛みの特徴

肩峰の痛みは腕を上げたとき、ねじったときなど腕や肩甲骨を動かしたときに下の写真の〇の部分やその奥、裏側が痛む痛みです。

肩峰の場所

肩峰(けんぽう)は肩の出っ張ってるところ

手術の種類は「関節鏡視下肩峰下除圧術」(かんせつきょうかけんぽうげんあつじゅつ)という手術で、イギリスではここ数年で手術数が増えている方法のようです。英国ではその実施件数は2000年の2,523件から2010年には2万1,355件に増加している模様。

日本ではどうなんでしょうね?

慌てて肩の手術をする必要はなさそうです。

 

エビデンスレベル

上から2番目の質の高い研究

 

ラドバウド大学医療センター(オランダ)のBerend Schreurs氏は、「信頼に足る研究グループによる今回の報告が、今後の日常診療に変化をもたらすことを期待している。合併症リスクが低くても得られるメリットがなければ高額な外科手術を実施すべきではない」としている。

原著論文はこちら
Beard DJ, et al. Lancet. 2017 Nov 20. [Epub ahead of print]
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29169668

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約