WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

夜型の方の健康損失リスク

久しぶりのブログ更新です。最近何かと忙しく更新が遅れてすみません。

今日は夜型の生活が健康に及ぼす影響についてです。

死亡リスクは10%上昇

英国の38歳から74歳の男女約43万人を対象にした研究を用いて「完全な朝型」(対象者に占める割合は27%)、「どちらかといえば朝型」(同35%)、「どちらかといえば夜型」(同28%)、「完全な夜型」(同9%)の4つのタイプにと全死亡リスク、健康リスクを割り出した。

夜型のファンタシー

これによると完全な夜型はライフスタイル因子を調整しても10%死亡リスクが高く、完全な朝方と比べて精神障害リスクは1.94倍、糖尿病リスクは1.30倍、神経障害リスクは1.25倍、胃腸/腹部疾患リスクは1.23倍、呼吸器疾患リスクは1.22倍ことが判ったようです。

この結果は夜型の人は飲酒や喫煙、ドラッグなど非健康的な行動に遭遇する機会が増える可能性が考えられるので、絶対的に夜型が悪いわけではないものの、夜型の生活が心疾患リスクを上げるなどの他研究もあるので注意が必要です。

夜勤などで致し方ない方は、睡眠時間を十二分に取るよう心掛けたる、運動習慣、食事内容に気を付けるなどの正の日常生活習慣を身に着けていくことで死亡リスクが減る可能性はあると締めくくられている。

https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/07420528.2018.1454458

砂糖業界もデータねつ造

資本主義社会では、どんなことよりも資本の増殖が優先される。そういう意味ではデータが隠蔽されようが、ねつ造されようが都度正しい選択をしていると言える。

カイロプラクティックの業界でも、砂糖は筋の緊張や不健康になることが経験上わかっているが、心臓の病気や癌のリスクも上げるようです。

これらのデータを砂糖業界が隠していたようで、資本主義としては正しい選択であったと思います。

角砂糖

砂糖業界の甘いわな

50年間隠していたというのは心疾患や膀胱癌のリスクを高める可能性があるというデータです。

この辺りはタバコ業界が有害を隠蔽していたことと同じです。

ネズミへの研究であるものの 中性脂肪とβグルクロニターゼが上昇

約50年前のこの研究では、ラットにショ糖とでんぷんのいずれかが多く含まれた餌を与えたところ、ショ糖を与えたラットではでんぷんを与えたラットと比べ、

心疾患リスクと強く関連するトリグリセライド値(中性脂肪)が上昇し、当時から膀胱がんとの関連が指摘されていたβ-グルクロニダーゼと呼ばれる酵素の値も上昇する可能性が示唆された。

しかし、研究者らがこれらの予備データを提示したところ、研究を続けるための資金提供が打ち切られてしまったという。また、この予備データはその後公表されることはなかった。

こういうことはどんな業界でもありそうですよね。

日本でもありますよね

 

米レノックス・ヒル病院のSharon Zarabi氏は、「われわれが何を食べるべきかを示す政府のガイドラインが、食品業界のロビイストによって左右されている実態が明らかになった」とコメント。

特定の食品の摂取を支持する研究の多くが業界の資金援助によるものであることを指摘している。

特定栄養補助食品なんかも、そのたぐいでしょうね。

原著論文はこちら
Kearns CE, et al. PLoS Biol. 2017 Nov 21;15(11):e2003460.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29161267

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約