WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

サインバルタの腰痛適応を考える

薬だけで何とかなると考えない方がいい

サインバルタが腰痛に保険適応になったが

2016年3月18日にSNRI(セロトニンノルアドレナリン再取り込み阻害薬)であるサインバルタが慢性腰痛への選択薬の一つとして承認されたが、研究からは効果は微妙なところといった印象が伺える。

薬剤の写真

薬剤のイメージ

抗うつ薬であるサインバルタが慢性腰痛にも適応になった日本での経緯と、海外の状況を参考に万能ではないことを解説していきます。

なぜそんな事が一代替治療家である私が言えるのか(私はカイロプラクター)

精度の高い研究で効果は微妙

効果があるという研究と、そうではないという研究に2分

有効率はプラセボよりも高いとするものの、体系的レビュー5報告にはそれぞれ5~9件のRCTが含まれ、

3報告では抗うつ薬の鎮痛効果が認められたが、ほかの2報告では認められなかった。

エビデンス三角

体系的レビューです


http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24460577

いろいろな憶測が囁かれているが、どうなんでしょうね。私自身は気分の落ち込み自体も薬では根本解決しないと考えるほうですから、腰痛でも同じではないかと思います。

そもそもサインバルタは向精神薬ですからね。社会的な痛みに対して脳の一部が反応するのは解りますが、それは社会的な問題を解決する方向に考えるのが本筋であって向精神薬で紛らわすのは方向違いであると私は思います。

そもそも脳内のセロトニンが不足して抑鬱状態になるという抑鬱状態のセロトニン仮説はあくまでも仮説ですからね。

満場一致での承認ではなかった

塩野義製薬と日本イーライリリーは、両社が共同販促しているうつ・疼痛治療薬「サインバルタ」について
「慢性腰痛症に伴う疼痛」に対する適応追加が厚生労働省に承認されたと発表したが適応追加の審議過程では、適正使用を懸念する意見が出ていた。

抗鬱薬であるサインバルタが慢性腰痛症への適応追加をめぐっては、厚労省の薬事・食品衛生審議会(薬食審)医薬品第2部会で異論が出て部会審議としては異例の全会一致とはならずに承認了承された経緯がある。

抗精神病薬として発売された同剤が疼痛治療にも使われることを懸念して、適応症を絞り込む提案も出ていた。

お薬は処方が増える一方であるのが、今日の医療の形態です。財政的な面から見ても無理があるものです。

欧州では承認見送り

海外では同剤の服用による自殺衝動(アクティベーションシンドローム)リスクも指摘されており、承認する適応症の絞り込みも提案されたが、部会では賛成多数で腰痛の適応追加を了承した。

米国など海外29カ国では腰痛適応が承認されているが、欧州では11年に同適応の承認が見送られている

カイロプラクターの意見

非特異的腰痛は未だに分かっていないことも多いのですが、さまざまな理由で起こります。サインバルタが功を奏する場合もあるのでしょうが、暫く使用して効果が感じられない場合は違う方法を考えてみるのが大切なことだと思います。

ぎっくり腰にジアゼパム(ベンゾ系抗不安薬)効果なし

ベンゾ系にはお気をつけください

急性腰痛ぎっくり腰の場合、痛みが強い時はトイレに行くのも這って行かなければならないほどの痛みになることがあります。特に2日目あたりは痛みのピークであることが多いです。そんな時に藁をもつかむ気持ちにはなりますが、投薬による痛みのコントロールは難しいようです。

ぎっくり腰に関しては、基本は焦らず心配せず、日常生活を続けることが大切です。

今回はベンゾジアゼピン系のお薬も便益なし という内容です。私は知らなかったのですが、急性腰痛でもベンゾジアゼピン系のお薬が出されるのですね。依存症の事を考えると、そちらの方がよほど心配になります。

腰痛が心理的問題、精神的問題も含んでいるということで、向精神薬がいいのでは?という仮説から投与されていますが、そもそも精神自体薬でどうこうならないでしょう?

この事に関しては去る2017年3月20日に一斉に改定がなされている。これまでの長期投与による依存のリスクから、漫然とした通常投与でも依存になるという内容らしい。
ベンゾジアゼピンの医薬品添付文書が改定 気になる方は適当に検索してみてください。

以下転載———————————————————————————————–

■急性腰痛症へのジアゼパム投与に便益なし
ナプロキセンとの併用でプラセボと同様の効果

セルシン錠(一般名:ジアゼパム)は1964年に発売されたお薬で、「抗不安薬(ベンゾジアゼピン系抗不安薬)」に分類されます。抗不安薬は文字通り、不安感を和らげる作用を持つお薬で、「安定剤」「精神安定剤」とも呼ばれるそうです。

救急外来(ER)での腰痛症に対するジアゼパム投与のベネフィットは疑わしいことが、「Annals of Emergency Medicine」2月7日号オンライン版掲載の研究で報告。

ぎっくり腰の時は殆どの薬は役に立たない

一般に、ほとんどの薬剤は急性腰痛症を改善しないと示す文献が増えつつあり、本研究はその知見を支持するものであるナプロキセンとジアゼパム治療、あるいはナプロキセンとプラセボ治療のどちらを受けたかには関係なく、ER退院から1週間後に、患者の腰痛は同様に改善していた。

ER受診から3カ月後までには、どの薬剤を投与されたかには関係なく、ほとんどの患者が完全に回復していた」と、Friedman氏は述べている。

関連リンク
Diazepam Is No Better Than Placebo When Added to Naproxen for Acute Low Back Pain
http://www.annemergmed.com/article/S0196-0644(16)31214-8/fulltext

くれぐれもお気をつけください、としか言いようがないのですが、ぎっくり腰に薬物療法や手術は基本的に必要ありませんから。

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約