WHO基準カイロプラクターの院長が腰痛・うつ病を回復させる方法を高いエビデンスレベルを元にお伝えします!

03-5749-3558

オンライン予約

営業時間:10:00~22:00 定休:水曜日・予約制

大うつ病において第2世代抗うつ薬と認知行動療法、差無し

大うつ病において

大うつ病の場合ですので、一般的には参考にならないかもしれませんが、第二世代の抗うつ薬(四環系抗うつ薬)と認知行動療法に差はないそうです。
Amick HR, et al. BMJ. 2015;351:h6019.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26645251

——————————————————————-

(以下引用)

1990年1月~2015年1月に発表された、大うつ病に対する第2世代抗うつ薬やCBT(認知行動療法以下CBT)に関する試験結果について、システマティックレビューを行った。抗うつ薬単独治療とCBTを比較した試験が10件、抗うつ薬単独療法と抗うつ薬+CBTの併用療法を比較した試験が3件あった。

治療反応率、寛解率、試験中止率にいずれも有意差なし

メタ解析の結果、第2世代抗うつ薬とCBTでは、治療反応率や寛解率について、いずれも有意差は認められなかった。また、17項目うつ病用ハミルトン評価尺度による評価でも、両群間の有意差はみられなかった。

同様に、試験中止率や、治療効果が上がらないことによる治療中止率も、両群間の有意差は示されなかった。
有害作用による治療中止率は、第2世代抗うつ病薬でCBTより高率だったものの、有意差は認められなかった。

—————————————————————————-

かなり重いうつ病の方への認知行動療法(CBT)は全然効果が無いことも確かに臨床上ありまして、難しい問題ではある、自分の技術不足などと考えていましたがこのような結果があると、「そもそも効果があるのかなあ」とも思えてきます。

最近イタリアの精神医学に興味が向き始めていて、もともとの考え方が違うのではないかと疑問を抱く毎日です。
CBTは当院でも行っていますが、時と場合によるのは臨床上言うまでもありません。

WHOのデータからも解かる、心と身体の関係(鬱と筋肉の痛み編)

いろいろなことがネットで確認できる時代なので、情報収集においては便利な時代になりました。
各個人状況が違いますからもちろん状況に応じて考える必要があるのですが、見逃されがちな身体と痛みの関係です。

こんなデータがあります。

■WHOのデータから5大陸14ヵ国のプライマリケアを受診した25,916名の患者を抽出して行なった身体症状とうつ病に関する国際的研究によれば、うつ病患者の69%が主訴として筋骨格系などの身体症状を訴えていたことが判明。http://1.usa.gov/XrCo73

過去40年の間に先進工業国の職場では、重量物を持ち上げる・前屈み・腰をひねる・無理な姿勢での作業・工作機械による振動に身を曝すことは減少してきました。ところがそれに伴って職場で生じた腰痛および腰痛による活動障害の発現率は急上昇しています。したがって肉体労働以外の因子が関与しているのは明らかです。

逆もまた真なり で身体の痛みが減ってくれば気分的にも優れることが少なくありません。
これも何回もお伝えしています。お困りの方がいらっしゃたら、上手く考えが結びつくことを願います。


品川区で筋肉、骨格が痛いならWHO基準カイロプラクティック【そのまんまサンシャイン】へ
 

本日の空き情報

当院の営業日

最新トピックス

Pick Up

安心・安全の証


電話で予約

オンライン予約